• 艶もたけなわ

    北尾トロ フリーライター

    2020年2月 2日号

    阿木燿子の艶もたけなわ/286   裁判傍聴や〝町中華〟など、今や定番化したジャンルをいくつも切り開いてきた、フリーライターの北尾トロさん。原動力は、身の回りの気になる物事への、純粋な好奇心です。日々「これって一体、どういうこと?

  • ▼原油急騰で世帯当たり年7800円負担増 ▼電力・ガスの契約切り替えで家計節約...  年明け早々、米軍がイラン軍部の要人を殺害し、イランは5日後、米軍基地をミサイル攻撃した。中東情勢は一段と緊迫し、原油価格は一時、急騰した。今後

  •  ◇花粉症の人は「大人の食物アレルギー」になりやすい    ◇大人になって「小麦」「カニ」のアレルギーになる人が増加中  千葉県浦安市のレストランで1月4日、甲殻類アレルギーの持病がある20代の女性が中華丼を食べ、嘔吐やじんましん

  •  「南北関係は悲観する段階ではない」。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は1月14日に行った新年記者会見でこう述べた。これを聞いた北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)・朝鮮労働党委員長は、思わず噴き出したことだろう。「南は北のこと

  • それってどうよ

    正月ボケにはコレが効く!

    2020年1月26日号

    OL400人は考える・それってどうよ!?/630  今年の仕事始めは1月6日だったというOLが98%。即仕事突入・通常営業という会社が大半(83%)の中、恒例の年明け行事をする会社(17%)もあるようです。    ◇   ◇   

  •  能は、伝統芸能の中でもっともディープな領域だろう。どこか神秘的で難解。一般からは縁遠い芸能ではないか。  しかし実はそんなイメージを覆すほど、愛好家の数は多い。国立能楽堂のチケットは毎月ほぼ即完売だし、各流派の能楽堂の公演もにぎわ

  • 牧太郎の青い空白い雲/751   〝年始〟にやって来た毎日新聞の後輩たちの話題は決まったように「新聞業界のリストラ」。最大のニュースは朝日新聞社が「2020年 転身支援制度」という名前のリストラを始めたことだ。 「我々と同じ、45

  •  現在、都市部を中心に続々と誕生しているシェアオフィス。かつてのレンタルオフィスのように一室間借りするスタイルとは異なり、どちらかといえば、フリーランスや個人事業主が気軽に使える共同貸し作業場という印象だ。  おすすめなのが、東京か

  • 艶もたけなわ

    美川憲一 歌手

    2020年1月26日号

    阿木燿子の艶もたけなわ/285   歌手として、またお茶の間で愛されるタレントとして、長年活躍を続ける、美川憲一さん。複雑な生い立ちや人生の浮き沈みも、「それがあるから、今の私があるんです」と泰然と語る姿には、風雪に耐えてなお根を

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

  • 艶もたけなわ

    北尾トロ フリーライター

    2020年2月 2日号

    阿木燿子の艶もたけなわ/286   裁判傍聴や〝町中華〟など、今や定番化したジャン...

コラム

最新号のご紹介

2020年1月21日発売

サンデー毎日2月2日号は1月21日発売。
  • 表紙紅ゆずる
  • 定価400円(税込)