•  中国・寧波(ねいは)にある北朝鮮レストランから4月、支配人と従業員女性12人が集団脱北したニュースは記憶に新しい。 北朝鮮のレストランは中国をはじめ東南アジアなど12カ国に約130店、年間の収益は約1000万ドル(約11億円)に上

  •  インターネット社会の怖さは、一人の「内部告発」が一夜にして世界中の人々を巻き込む威力を発揮することだ。 世界に衝撃が走った「スノーデン事件」のドキュメンタリーが、ようやく日本でも公開される運びとなった。ローラ・ポイトラス監督の「シ

  •  女性誌の中吊(づ)り広告で「今欲しいオシャレな雑貨」といった見出しをよく見かける。 女性向けに限らず、国内外の旅行ガイドでも、雑貨店は必須の紹介スポットだ。東京・六本木の「21_21 DESIGN SIGHT」で開催中の「雑貨展」

  • 人生の四季

    「ナシ婚派」は情報不足?

    2016年6月 5日号

    一条真也の「人生の四季」 連載32 入籍をしたものの、結婚式はあげないカップルを「ナシ婚派」という。「ナシ婚派」には「経済的事情」など利己的理由が多いのに対し、結婚式を挙げた「した派」には「親・親族・友人に感謝の気持ちを伝えるため」

  •  5月19日午後4時40分ごろ、兵庫県尼崎市下坂部(しもさかべ)の住民から「道路でハンマーと包丁を持った男が暴れている」と110番通報があった。 駆けつけた尼崎東署員が、近くの文化住宅2階に住む西初子さん(61)と近所に住む次女の足

  •  米フロリダ州で2012年に起きた「トレイボン射殺事件」。黒人少年のトレイボン・マーティン君(当時17歳)が自称「自警団」の男性(32)に射殺され、全米で人種差別に対する抗議デモが起きた。 裁判では殺人罪に対しては無罪評決、米司法省

  •  5月12日に80歳で逝去した文化勲章受章者で演出家の蜷川幸雄氏。今なお、国内外から「世界のニナガワ」の死を悼む声が絶えない。 筆者もかつて埼玉県芸術文化振興財団の常務理事として、蜷川氏を財団の芸術監督に招聘(しようへい)する活動の

  •  投手と打者との「二刀流」4年目を迎えた日本ハムの大谷翔平投手(21)が、なかなか勝てない。打者としては5試合連続ホームランを放つなど絶好調。投手の不調と打者の好調に何か因果関係があるのだろうか? 栗山監督も起用方法に悩むところだ。

  • それってどうよ

    ふつつかな父ですが...

    2016年6月 5日号

    OL400人は考える・それってどうよ!?=池野佐知子 連載451 最近、彼氏を家族に紹介するOLが増えているらしいです。「彼氏を家族に会わせたことがある」OLは74%。これ、「結婚を前提にしていない彼氏の場合」も含まれています。さて

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

  • 艶もたけなわ

    鮫島有美子 歌手

    2016年6月 5日号

    阿木燿子の艶もたけなわ 第106回 世界を舞台にソプラノ歌手として活躍する一方、日本...

コラム

最新号のご紹介

2016年5月31日発売

2016年6月12日増大号
  • 表紙高畑充希
  • 定価410円(税込)