• それってどうよ

    友情があれば年の差なんて

    2019年12月 1日号

    OL400人は考える・それってどうよ!?/623   今週のテーマは「おじさんの友達いますか?」です。ちなみに20代OLが思うおじさんは「40代以上」、30代OLが考えるおじさんは「45歳以上」。そのあたりをふまえて、お読みくださ

  •  長く吉本興業の天下が続くお笑い界。そこに新たに参入した「ライジング・アップ」の動向が注目されている。大御所、ビートたけし(72)がバックアップするのではないかと見られているからだ。  ライジング・アップは、安室奈美恵をはじめ、沖縄

  •  名古屋市が進める名古屋城天守閣の「木造復元」に向けて、江戸時代の階段を再現した施設「階段体験館」(愛称・ステップなごや)が11月2日、正門近くにオープンした。 「史実に忠実な」復元にこだわる河村たかし市長が新天守閣にエレベーターを

  •  高機能の眼内レンズが海外で開発され、日本でも白内障治療の選択肢が広がっている。見える世界は大きく変わり、眼鏡なしの生活も可能な時代となった。身近になったとはいえ、「術後の見え方に不満が......」という声もしばしば耳にする。手術

  •  1969年にデビューした「ブレッド&バター」という兄弟フォークデュオがいる。70代の今も、ライブで美しいハーモニーを聴かせてくれている。まさにパンとバターのような名コンビだ。炒め物など料理にも使うが、バターといえばパンの相棒、そし

  • 牧太郎の青い空白い雲/744 「意外にも」と言うべきか、「不運にも」と言うべきなのか、安倍晋三首相の通算在任日数が11月20日、憲政史上最長を記録する。  大臣たちの不祥事などで、第1次政権を投げ出した「あの時」とは、想像もできな

  • 艶もたけなわ

    保森千枝 介護食アドバイザー/料理研究家

    2019年12月 1日号

    阿木燿子の艶もたけなわ/278 「病院食」の印象が強い介護食。イメージを変えるべく奮闘する料理研究家が、保森千枝さん(通称クリコさん)です。野菜を使ったピュレやゼリー、海老フライなど、その料理は美しく、かつボリューム満点。阿木さんも

  •  今、銀行の利用方法が大きく変わっている。支店に出向いて手続きをする人が減り、銀行は統廃合を急ぐ。現金自動受払機(ATM)を減らす動きもある。一方、インターネットを使う銀行サービスは拡大する一方だ。お得な「ネット銀行」の最新事情をお

  •  <がんらくし(楽死)> ▼本人に「余命」を伝えるべきか ▼看取りはどうすれば  がんの痛みを知り、生きるためにがんと向き合おう。自らもがん闘病中の気鋭のジャーナリストが、2回にわたり綴ってきた本シリーズに通底する心構えである

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

コラム

最新号のご紹介

2019年11月19日発売

サンデー毎日12月1日号は11月19日発売。
  • 表紙板垣瑞生
  • 定価400円(税込)