書籍

社会・政治・歴史
特権を問う ドキュメント・日米地位協定
著者  毎日新聞取材班
発売日:2022年7月23日
ISBN:978-4-620-32746-4
判型:四六判
頁数:296頁
loading...
書影:特権を問う ドキュメント・日米地位協定
定価:1870円(税込)
購入サイト
  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • Honya Club
  • セブンネット
  • 紀伊國屋書店
  • ヨドバシ・ドット・コム
書店によっては在庫がない場合があります。

米軍関係者による凶悪事件、
東京都心の米軍ヘリ異常低空飛行、
基地周辺での新型コロナ感染...

半世紀を超えて変わらぬ、日米の"不均衡"。
日米地位協定の現場を追いかけた、記者たちの記録。
2021年度・新聞労連ジャーナリズム大賞受賞の連載、待望の書籍化!


 日米地位協定は「在日米軍によるさまざまな被害の元凶」と言われながら一度も改定されたことがない。(略)ある記者は米軍関係者による事故のその後を追い、ある記者は炎天下の東京でカメラを構えて米軍機を待ち続けた。基地が集中する沖縄からも、深刻な被害が続く実相を伝えようと力を注いだ。
 2022年2月、ロシアがウクライナに軍事侵攻し、多くの命が奪われる惨劇を世界は止められなかった。私たちは国際的な緊張が張りつめたこの時代を生きている。だからこそ、安全保障体制を構成する柱である地位協定のあり方に目を向け、議論を深めなければならないはずだ。本書は、地位協定によって生まれている実
態と真実をあぶり出そうともがいた記者たちの記録である。 (本文より)


《著者紹介》
毎日新聞取材班(まいにちしんぶんしゅざいはん)
東京、大阪、西部の3本社に所属する記者らで2019年11月に結成した。2020年2月に報道をスタートし、ベテランから若手まで20人を超える記者が報道に関わっている。 本書の基となった一連の報道は、 2021年度の新聞労連ジャーナリズム大賞を受賞した。

目次

プロローグ

第1章 取材班始動

第2章 首都蹂躙

第3章 基地の島・沖縄で

第4章 特権の核心

あとがき

著者関連書籍
新刊
書影:世界少子化考 子供が増えれば幸せなのか
社会・政治・歴史
世界少子化考 子供が増えれば幸せなのか
毎日新聞取材班
発売日:2022年4月18日
定価:1320円(税込)
新刊
書影:ヤングケアラー 介護する子どもたち
随筆・エッセー
電子書籍
ヤングケアラー 介護する子どもたち
毎日新聞取材班
発売日:2021年11月27日
定価:1760円(税込)
新刊
書影:SNS暴力 なぜ人は匿名の刃をふるうのか
社会・政治・歴史
電子書籍
SNS暴力 なぜ人は匿名の刃をふるうのか
毎日新聞取材班
発売日:2020年9月19日
定価:1430円(税込)
新刊
書影:公文書危機 闇に葬られた記録
社会・政治・歴史
電子書籍
公文書危機 闇に葬られた記録
毎日新聞取材班
発売日:2020年6月 2日
定価:1650円(税込)
新刊
書影:強制不妊――旧優生保護法を問う
社会・政治・歴史
電子書籍
強制不妊――旧優生保護法を問う
毎日新聞取材班
発売日:2019年3月23日
定価:1760円(税込)
新刊
書影:枝野幸男の真価
社会・政治・歴史
枝野幸男の真価
毎日新聞取材班
発売日:2018年3月22日
定価:1100円(税込)
新刊
no image
社会・政治・歴史
こうのとり追って 晩産化時代の妊娠・出産
毎日新聞取材班
発売日:2013年2月25日
定価:1540円(税込)