書籍

文庫
創価学会【毎日文庫】
著者  田原 総一朗
発売日:2022年7月29日
ISBN:978-4-620-21047-6
判型:文庫サイズ
頁数:432頁
loading...
書影:創価学会【毎日文庫】
定価:990円(税込)
購入サイト
  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • e-hon
  • セブンネット
  • 紀伊國屋書店
  • ヨドバシ・ドット・コム
書店によっては在庫がない場合があります。

なぜにこれほど強靭なのか。

草創期から50年以上にわたって追い続けた当代随一のジャーナリストが、その実像を描き出す。

12万部突破のベストセラー、待望の文庫化。創価学会論の決定版。

1930(昭和5)年の創立以来、日本では827万世帯、世界では192カ国・地域に会員を有する。幾度も窮地に立たされながらも、決して揺らぐことのなかった創価学会。その強靭さを支えたものとは何か。創価学会・公明党関係者にインタビューを敢行。ベテランジャーナリストが、日本を代表する宗教団体の核心に迫る。

池田大作氏は宗教における〝排除の壁〟を見事に乗り越えた。どのような宗教も決して否定せず、他宗の信者たちともコミュニケーションを図り、信頼し合うことに成功した。この一点だけでも、私は池田氏を高く評価している。これは、どの宗教にも成し遂げられなかったことであり、私はそこに創価学会のすごさを感じるのである。(「おわりに」より)


目次

第1章 創価学会の誕生〈1930年代~1940年代〉

第2章 創価学会の拡大と救済論〈1950年代〉

第3章 政治進出と池田大作の会長就任〈1950年代~1960年代〉

第4章 「言論・出版問題」と創価学会の近代化〈1970年代前半〉

第5章 第一次宗門問題の真相〈1970年代後半~1980年代〉

第6章 第二次宗門問題と「平成の宗教改革」〈1990年代〉

第7章 公明党の連立政権参加とその舞台裏〈1990年代~2000年代〉

第8章 世界宗教への道程と挑戦

第9章 特別インタビュー 原田稔会長に聞く

著者について

田原 総一朗

1934(昭和9)年、滋賀県生まれ。1960年、早稲田大学卒業後、岩波映画製作所に入社。1963年、東京12チャンネル(現・テレビ東京)に開局の準備段階から入社。1977年、フリーに。テレビ朝日系「朝まで生テレビ!」「サンデープロジェクト」でテレビジャーナリズムの新しい地平を拓く。1998年、戦後の放送ジャーナリスト1人を選ぶ城戸又一賞を受賞。早稲田大学特命教授と「大隈塾」塾頭を務めた(20173月まで)。「朝まで生テレビ! 」(テレビ朝日系)、「激論! クロスファイア」(BS朝日)の司会をはじめ、テレビ・ラジオの出演多数。著書に『創価学会』『脱属国論』(井上達夫氏、伊勢﨑賢治氏との共著)『公明党に問う この国のゆくえ』『今こそ問う 公明党の覚悟』(山口那津男氏との共著)『堂々と老いる』(いずれも毎日新聞出版)、『戦後日本政治の総括』(岩波書店)、『日本人と天皇 昭和天皇までの二千年を追う』(中央公論新社)、『日本の戦争』(小学館)ほか多数。

著者関連書籍