書籍

小説・評論
電子書籍
島のエアライン 下
著者  黒木 亮
発売日:2018年6月13日
配信日:2018年6月15日
ISBN:978-4-620-10836-0
判型:四六判
頁数:352頁
loading...
書影:島のエアライン 下
定価:1650円(税込)
電子書籍版定価:1650円(税込)
購入サイト
  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • e-hon
  • Honya Club
  • セブンネット
書店によっては在庫がない場合があります。
電子購入サイト
  • Amazon Kindleストア
  • 楽天kobo
  • Reader Store
  • 紀伊國屋書店 kinoppy
  • Book Live!
  • honto
  • セブンネット

「命をつなぐ島ん飛行機ば守れ!」――圧巻の完結扁!


地方自治体が独力で経営する日本初の定期航空会社「天草エアライン」。開業4年目から業績が急降下。運転資金も底を尽き、倒産が現実味を帯びる。地域の医療も支える「島のエアライン」を関係者たちはどう救うのか!?


重整備や故障、乗客の減少、人材流出など、次々とトラブルに見舞われる。民間航空会社から社長を招き、新路線も開設するが、思うような効果は上がらない。倒産も視野に入るなか、関係者たちは"島の翼"を守るため、それぞれの持ち場で奮闘を開始する。

著者について

黒木 亮

くろき りょう/一九五七年、北海道生まれ。早稲田大学法学部卒、カイロ・アメリカン大学大学院修士(中東研究科)。都市銀行、証券会社、総合商社を経て二〇〇〇年、大型シンジケートローンを巡る攻防を描いた『トップ・レフト』でデビュー。著書に『巨大投資銀行』『エネルギー』『鉄のあけぼの』『法服の王国』『冬の喝采』『排出権商人』『カラ売り屋vs仮想通貨』など。英国在住

著者関連書籍