書籍

社会・政治・歴史
歴史の本棚
著者  加藤 陽子
発売日:2022年8月17日
ISBN:978-4-620-32749-5
判型:四六判
頁数:256頁
loading...
書影:歴史の本棚
定価:1760円(税込)
購入サイト
  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • e-hon
  • Honya Club
  • セブンネット
  • 紀伊國屋書店
  • ヨドバシ・ドット・コム
書店によっては在庫がない場合があります。

読む前と後で、風景が違って見えてくる。
歴史学からの確かな視点。傑出した書評の数々、待望の書籍化!

日本近現代史の泰斗、東京大学教授の加藤陽子氏は「本読みの名手」でもある。「この人の書評は面白い」「読書の幅が広がる」など、高い評価を得ている。単なる本の内容紹介にとどまらず、世の中の動きや世界の情勢に読者の目を向けさせ、考えるきっかけを作ってくれる、非常に示唆に富む書評だ。
それぞれの本の書き手が、いかなる分析視角によって紡ぎ出したのか。研究書、小説、ノンフィクション、エッセイ、写真集など、加藤氏の感性ですくい上げた名著を紹介する。

【本書の内容】
●『神聖喜劇』(全5巻、大西巨人=著、光文社文庫)
●『歴史と国家 19世紀日本のナショナル・アイデンティティと学問』(マーガレット・メール=著/千葉功、松沢裕作=訳者代表、東京大学出版会)
●『毒親介護』(石川結貴=著、文春新書)
●『歴史としての日教組(上)(下)』(広田照幸=編、名古屋大学出版会)
●『インビジブル』(坂上泉=著、文藝春秋)
●『歌集 形相』(南原繁=著、岩波文庫)
●『死者の書 身毒丸』(折口信夫=著、中公文庫)
●『「東京裁判」を読む』(半藤一利、保阪正康、井上亮=著、日経ビジネス人文庫)
●『戦線』(林芙美子=著、中公文庫)
●『国際メディア情報戦』(高木徹=著、講談社現代新書)
●『小林秀雄の流儀』(山本七平=著、文春学藝ライブラリー)
●『帝国の参謀 アンドリュー・マーシャルと米国の軍事戦略』(アンドリュー・クレピネヴィッチ、バリー・ワッツ=著/北川知子=訳、日経BP)
●『わが青春無頼帖』(柴田錬三郎=著、中公文庫〈現在は増補版、単行本は新潮社〉)
●『民藝四十年』(柳宗悦=著、岩波文庫)
●『ミシンと日本の近代 消費者の創出』(アンドルー・ゴードン=著/大島かおり=訳、みすず書房)
●『たまきはる』(神藏美子=著、リトル・モア)
ほか


目次

Ⅰ 国家 国家の役割~個人のために国家は何をなすべきか

Ⅱ 天皇 天皇という「孤独」~戦後史からひもとく天皇の役割

Ⅲ 戦争 戦争の教訓~人は過去から何を学び取ったのか

Ⅳ 歴史 歴史を読む~不透明な時代を生き抜くヒントを探す

Ⅴ 人物と文化 作品に宿る魂~創作者たちが遺した足跡をたどる

著者について

加藤 陽子

1960年、埼玉県生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科教授。

1989年、東京大学大学院博士課程修了。山梨大学助教授、スタンフォード大学フーバー研究所訪問研究員などを経て現職。専攻は日本近現代史。

2010年、『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』(朝日出版社)で小林秀雄賞受賞。『戦争まで 歴史を決めた交渉と日本の失敗』(朝日出版社)で紀伊國屋じんぶん大賞2017受賞。

著書に『戦争の日本近現代史』(講談社現代新書)、『戦争の論理 日露戦争から太平洋戦争まで』(勁草書房)、『満州事変から日中戦争へ』(岩波新書)、『昭和天皇と戦争の世紀』(講談社学術文庫)、『天皇はいかに受け継がれたか』(績文堂出版)、『天皇と軍隊の近代史』(勁草書房)、『この国のかたちを見つめ直す』(小社)などがある。

著者関連書籍