書籍

ビジネス・経済
「捨てる」思考法 結果を出す81の教え
著者  出口 治明
発売日:2022年8月 8日
ISBN:978-4-620-32748-8
判型:四六判
頁数:272頁
loading...
書影:「捨てる」思考法 結果を出す81の教え
定価:1760円(税込)
購入サイト
  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • e-hon
  • Honya Club
  • セブンネット
  • 紀伊國屋書店
  • ヨドバシ・ドット・コム
書店によっては在庫がない場合があります。

振り返れば、僕の人生は「捨てる」と「得る」の連続だった。
「得る」ために「捨てる」。そこに気づけば簡単だ。


還暦で世界初のインターネット生保を創業し、古希で立命館アジア太平洋大学(APU)の学長に就任した著者による待望の最新作。
脳卒中から完全復活した出口治明氏が、職種・業界を問わず一生役立つ「トレードオフ」の極意を伝授する。

「捨てる」というテーマで本を出す話が持ち上がったのは、2019年秋のことだった。
その後、同時進行で、パンデミックといわれる新型コロナウイルスの感染が拡大する中、この社会にとって最も大切なことは何かを考えることになった。

人の命か経済か。限られた資源(時間・お金・労働力)を有効活用するには、短期的に二者択一を迫られる場面もあった。頭では分かっていても、実際にはあれもこれもと手を出し、迷い悩んだ末に決断のタイミングを逃してしまい、結局、後手に回るという苦い経験をした人も少なくないのではないか。

コロナ禍で、これまでの社内業務が良くも悪くも「見える化」した。情報の偏在化が起き、社内コミュニケーションが難しくなり、ビジネスチャンスを逃す会社がある一方で、業務内容を抜本的に見直し社内連携のあり方が改善され、業績がアップした会社もある。

14世紀の中世ヨーロッパで起こったペストの大流行は、後にルネサンスや宗教改革につながる契機となった。今回のコロナ禍もまた、悲劇をもたらしていることは間違いないが、長い目で見れば社会が前進する大きなチャンスになる。

未来のために、捨てるべきものを潔く捨てる。その価値を認めれば、ことは簡単だ。
本書では、「捨てる」ことの重要性を具体的な事例を示しながら解き明かす。

【本書の内容】
●人間は毎日トレードオフに直面している
●捨てるために必要なのは、「悟り」ではなく「知識」
●分別を捨てた人が社会を変える
●怒りを捨てれば仕事がスムーズに進む
●大事な案件に取り組むときは、色気を捨てる
●人間はみなチョボチョボ、格好をつける生き方を捨てる
●大事な決断ほど「熟慮」を捨てる
●「タテ・ヨコ・算数」で色眼鏡を捨てる
●長時間労働を捨てれば、イノベーションは加速する
●よく捨てよく得る取捨選択力は、「本・旅・人」で養われる 
ほか

目次

はじめに 「得る」ために「捨てる」、そこに気づけば簡単だ

第1章 「捨てられない」は思い込み、捨てることが未来をつくる

第2章 出口式・捨てる技術【基礎編】余計なものを手放す習慣を身につける

第3章 出口式・捨てる技術【応用編】余計なものを手放して、本当に必要なものを見極める

第4章 捨てるモチベーションは、退路を断つことから生まれる

おわりに 無駄を「捨てる」ことは、未来への投資である

著者について

出口 治明

立命館アジア太平洋大学(APU)学長。1948年、三重県美杉村生まれ。京都大学法学部を卒業後、1972年、日本生命保険相互会社入社。企画部や財務企画部にて経営企画を担当する。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て2006年に退職。同年、ネットライフ企画株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。20084月、生命保険業免許取得に伴いライフネット生命保険株式会社に社名を変更。2012年、上場。社長、会長を10年務めた後、2018年より現職。

訪れた世界の都市は1200以上、読んだ本は1万冊超。歴史への造詣が深いことから、京都大学の「国際人のグローバル・リテラシー」特別講義では世界史の講義を受け持った。

おもな著書に『生命保険入門 新版』(岩波書店)、『仕事に効く教養としての「世界史」III(祥伝社)、『全世界史()()』『「働き方」の教科書』(以上、新潮社)、『人生を面白くする 本物の教養』『自分の頭で考える日本の論点』 (以上、幻冬舎新書)、『教養は児童書で学べ』(光文社新書)、『座右の書「貞観政要」 中国古典に学ぶ「世界最高のリーダー論」』『「教える」ということ 日本を救う、[尖った人]を増やすには』(以上、KADOKAWA)、『別冊NHK100de名著 読書の学校 出口治明 特別授業「西遊記」』(NHK出版)、『世界史・10の「都市」の物語』(PHP文庫) 、『人類5000年史III・Ⅲ・Ⅳ』(ちくま新書)、『世界史の10人』『0から学ぶ「日本史」講義 古代篇、中世篇、戦国・江戸篇』(文藝春秋)、『哲学と宗教全史』(ダイヤモンド社)、『還暦からの底力―歴史・人・旅に学ぶ生き方』 (講談社現代新書)など多数。