書籍

小説・評論
70年代と80年代 テレビが輝いていた時代
発売日:2015年8月 1日
ISBN:978-4-620-32318-3
判型:A5判
頁数:448頁
loading...
書影:70年代と80年代 テレビが輝いていた時代
定価:2750円(税込)
購入サイト
  • e-hon
  • Honya Club
  • セブンネット
書店によっては在庫がない場合があります。

喧噪と狂騒の時代を読み解く
戦争も、革命も、事件もドラマも
テレビの中にすべてがあった。
当代随一の論客たちによるクロニクル

****************************
『調査情報』は私の必読書だが、
このたび「70年代」と「80年代」の連載が
1冊の本として、まとめられた。
信頼できる書き手が並んでおり、今後、この時代を考える、
大きな手がかりとなるだろう。多くの人に読んでもらいたい。
田原総一朗 (ジャーナリスト)
****************************
【構成】
刊行によせて 市川哲夫
第一部 70年代から見えてくるもの
Ⅰ 70~71年 日本の青年期のはじまり
Ⅱ 72~73年 戦後日本のモデルチェンジ
Ⅲ 74~75年 見えない出口
Ⅳ 76~77年 次なる位相へ
Ⅴ 78~79年 現在に繋がる大転換へ

第二部 80年代から見えてくるもの
Ⅰ 80~81年 予定調和のゆらぎ
Ⅱ 82~83年 砂の上の爪先立ち
Ⅲ 84~85年 「安全」でも「適切」でもないこの世界
Ⅳ 86~87年 「豊かさ」の向こうには
Ⅴ 88~89年 その時、世界が動いた・昭和から平成へ
おわりに 市川哲夫

【執筆者】(執筆順・敬称略)
今野勉、藤岡和賀夫、鈴木健司、猪瀬直樹、富澤一誠、久世光彦、竹馬伸朗、坪内祐三、矢内廣、酒井政利、樋口尚文、落合恵子、宮台真司、立花隆、玉木正之、嶌信彦、堀田力、天児慧、柳澤健、松原惇子、関川夏央、斎藤環、和田秀樹、富野由悠季、市川真人、小沼純一、市川哲夫、橋爪大三郎、澤田隆治、中森明夫、岡崎榮、柳井満、成田龍一、髙平哲郎、保阪正康、飯島敏宏、桐山秀樹、仲正昌樹、青木理、吉岡忍、浜矩子、髙村裕、川本三郎、清水ちなみ、鎌田敏夫、前川英樹、石高健次、船山真、宗像紀夫、諌山修