書籍

ノンフィクション
アンダーグラウンド・ビートルズ
著者  藤本 国彦、本橋 信宏
発売日:2024年6月 3日
ISBN:978-4-620-32806-5
判型:四六判
頁数:256頁
loading...
書影:アンダーグラウンド・ビートルズ
定価:2640円(税込)
購入サイト
  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • e-hon
  • Honya Club
  • セブンネット
  • 紀伊國屋書店
  • ヨドバシ・ドット・コム
書店によっては在庫がない場合があります。

強い光は濃い影を生む
セックス。ドラッグ、DV、宗教――熱狂的なブームの裏で起きた、4人をめぐる事件とスキャンダル。気鋭のノンフィクション作家とビートルズ研究の第一人者が、埋もれた事実を掘り起こし、その真相を語り尽くす!

目次
はじめに
UNDERGROUND BEATLES 1 オカッパくずし
ビートルズ日本初登場は「オカッパくずし」                                 公演旅行の夜はサティリコンだった                                     『アビイ・ロード』ジャケット表と裏の怪                                 ポール、トルコ風呂入浴説を洗う                                    映画『レット・イット・ビー』警察官やらせ説を追う                            ビートルズ・チビ説を測る                                       スモーキング・ビートルズ、紫煙に煙る4人とその代償                          ドラッグはビートルズを変えたか?                                    4人が依存したものとは                                           やおい、腐女子、BLからはじまったビートルズ旋風
UNDERGROUND BEATLES 2 ビートルズがいた街
ビートルズになれなかった男                                      ピート・ベストをめぐるもう一つのドラマ                                 ダダイズムとビートルズ                                          13日間ビートルズだった男                                        愛すべき巨漢、4発の銃弾に沈む                                       ビートルズがいた街                                          1人おかれた人々                                           顔のない男たち(ノンクレジットのミュージシャンたち)                         クレジットは厄介①                                          クレジットは厄介②
UNDERGROUND BEATLES 3
ビートルズ・チルドレン                                        ビートルズと女たち                                          黒と白のビートルズ                                          香月利一と落流鳥                                           柔道着のジョン・レノン                                            『アンソロジー』を聴く                                        メラニー・コーの奇跡                                         半世紀封印された回想録                                        ブライアン・エプスタインが見た風景
おわりに

【著者紹介】

藤本国彦(ふじもと・くにひこ)
1961年東京生まれ。音楽情報誌「CDジャーナル」編集部(1991年~2011年)を経て2015年にフリーに。主にビートルズ関連書籍の編集・執筆やイベント・講座・ツアーなどを手がける。
主な著作は『ビートルズ216曲全ガイド』(シーディージャーナル)、『ゲット・バック・ネイキッド』(牛若丸/増補新版は青土社)、『ビートル・アローン』(ミュージック・マガジン)、『ビートルズ語辞典』(誠文堂新光社)、『ビートルズはここで生まれた』(CCCメディアハウス)、『ジョン・レノン伝 1940-1980』(毎日新聞出版)、『気がつけばビートルズ』(産業編集センター)。『365日ビートルズ』(扶桑社)。映画『ザ・ビートルズ~EIGHTDAYS A WEEK』『ザ・ビートルズ:Get Back』『ジョン・レノン 失われた週末』『ザ・ビートルズ:Let It Be』の字幕監修も担当。相撲とカレーと猫好き。

本橋信宏(もとはし・のぶひろ)
1956年埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。忘れ去られた英雄や、集合写真のキャプションで"1人おいて"とおかれてしまった人物に光をあてる書き手。ノンフィクション、小説、エッセイ、評論と幅広い活動をおこなう。2019年、「全裸監督 村西とおる伝」(新潮文庫/太田出版)がNetflixでドラマ化、世界190ヵ国に配信され、大ヒットを記録する。
他に、『上野アンダーグラウンド』『東京の異界 渋谷円山町』(以上新潮文庫)、『歌舞伎町アンダーグラウンド』『高田馬場アンダーグラウンド』『新橋アンダーグラウンド』(以上、駒草出版)、『東京最後の異界 鶯谷」(宝島SUGOI文庫)、『裏本時代』『AV時代』(以上、幻冬舎アウトロー文庫)、『新・AV時代 全裸監督後の世界』(文春文庫)、『心を開かせる技術』(幻冬舎新書)、『僕とジャニーズ』(イースト・プレス)など多数。