書籍

ノンフィクション
よみがえる森鷗外
著者  毎日新聞学芸部、文京区立森鷗外記念館
発売日:2022年12月 5日
ISBN:978-4-620-32759-4
判型:四六判
頁数:240頁
loading...
書影:よみがえる森鷗外
定価:2750円(税込)
購入サイト
  • Amazon
  • 楽天ブックス
  • e-hon
  • Honya Club
  • セブンネット
  • 紀伊國屋書店
  • ヨドバシ・ドット・コム
書店によっては在庫がない場合があります。

鷗外とは何ものなのか。
明治を代表する知識人として活躍した作家・森鷗外。
没後100年を経て、読み継がれる魅力を再検証。
平野啓一郎、伊藤比呂美、瀬戸内寂聴ほか鷗外ファンの作家・識者ら41名による決定版!

〔もくじ〕
Ⅰ 読み継がれる鷗外文学
平野啓一郎、多和田葉子、瀬戸内寂聴、伊藤比呂美、町田康、中沢けい、高橋源一郎、鶴見太郎、門井慶喜、田原総一朗、林望、山崎一穎、野崎歓、川本三郎、中島京子、遠田潤子、池澤夏樹
Ⅱ 鷗外の翻訳
松永美穂、森まゆみ、大木毅、北村薫、コリーヌ・アトラン
Ⅲ 藝術へのまなざし
高橋睦郎、坂井修一、今野寿美、川西由里、神山彰、片山杜秀
Ⅳ 医学、軍医、官吏の道
成田龍一、夏川草介、海堂尊、平松洋子、黒川創、澤田瞳子、猪瀬直樹、永井愛
Ⅴ 家族のなかで
今野勉、持田叙子、朝井まかて、嵐山光三郎、森美奈子
*掲載順