お知らせ

サンデー毎日4月3日増大号は3月22日発売。

2022.03.22

編集長後記
「新幹線がジャンプしたようだった」との乗客の証言が事態の深刻さを伝える。16日深夜に起きた、宮城県と福島県で震度6強を観測した地震。3人の死者や200人を超すけが人が出た。

 脱線した東北新幹線は、直線で並ぶはずの車体をくねらせている。高速で走行中であったこと、高架橋に損傷が見つかったことを考慮すれば、被害がもっと大きくても不思議はなかった。

 全線での運転が再開するまで、大きな役割を果たすのは在来線だ。しかし、特集「危機に瀕する北海道の交通網」にあるように、新幹線開業に伴い〝地元の足〟が廃止される地域もある。在来線の価値も再認識したい。

(坂巻士朗)