お知らせ

サンデー毎日2月13日号は2月1日発売。

2022.02.01

編集長後記
 大阪に赴任していた20年前、「球春」の意味を知った。阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で行われるセンバツ高校野球の開幕を待つ地元ファンが教えてくれた。高校球児をスタンドから応援しながら、暖かくなった日差しや、さわやかに吹く風に春を感じるのも、センバツの魅力なのだと。

 3月18日に開幕する今年の大会に出場する32校が決まった。21世紀枠3校のうち1校は、福島県の豪雪地帯にある県立只見高校。本誌1月23日号の川井龍介氏のリポートによると、冬季はほとんどグラウンドを使えず、「まるで冷蔵室のような校舎1階の駐輪場」などが練習場だ。高校球児もファンも待ちわびていた春が来る。

(坂巻士朗)