お知らせ

サンデー毎日1月30日号は1月18日発売。

2022.01.18

編集長後記
 ノンフィクション作家、保阪正康氏は今週号の「『世代』の昭和史」で、この連載の意図を改めて丁寧に解説してくれた。

 明治元年から太平洋戦争の敗戦までを「近代史」、敗戦から現在までを「現代史」と整理したうえで、近代史が77年間、現代史が76年間に及ぶ点を踏まえ、「近現代史を振り返る時に好都合な時点に立っている」と記す。そして、戦争によって歴史がつくられた近代史の過ちの克服を、現代史がいかに継承していけるかを問うている。

 保阪氏が掲げる三つの世代のうち、最初の世代は、太平洋戦争で最も多くの戦死者を出した大正11年前後生まれ。この年、本誌が誕生した意義をかみしめたい。

(坂巻士朗)