お知らせ

サンデー毎日9月5日号は8月24日発売。

2021.08.24

編集長後記
「いまだに大阪の空気が一番おうてて、よそにいる時とは表情が違うと言われるんです」

 2007年、ふるさとをテーマに取材した際、出身地・大阪の魅力をそう語ってくれたのは笑福亭仁鶴さんだ。当時70歳。戦後の上方落語ブームを先導し、タレント落語家の草分けとしても活躍した。ボンカレーのCMも印象的だったし、土曜の午後にブラウン管から聞こえる「まあるく収めまっせ」も楽しみだった。

 取材時、にこやかな表情が絶えなかった。どこからでもかかってきなさいという自然体の姿勢で接してくれた。コロナ禍のギスギスした社会に欠かせない「笑いの力」を、改めて聞きたかった。合掌。

(坂巻士朗)