お知らせ

サンデー毎日6月6日号は5月25日発売。

2021.05.25

編集長後記

 仕事の合間に、職場の周りを散歩する。都心とはいえ、緑の濃い場所もあり、いい息抜きになる。しかし、木の上から「カー」と声がすると、ビクッとして、急ぎ足でその場を離れる。

 今号の特集「カラスと暮らす」によると、ヒナの巣立ちと重なる今の時期は注意が必要だ。威嚇を表す「ガー」と、あいさつの「アー」を聞き分けるのは難しいが、我が子を守ろうとする親心だと聞けば、こちらが退避すべきだろう。

 生活圏が重なるカラスとの共存の知恵は特集に詳しい。折り合いが難しい間柄でも「離婚ではなく、互いに干渉しあわない〝卒婚〟を理想とするべき」との専門家の教えになるほど。

(坂巻士朗)