お知らせ

サンデー毎日4月11日増大号は3月30日発売。

2021.03.30

編集長後記

『サンデー毎日』が初めて発行されたのは、1922(大正11)年4月2日の日曜日だ。洋式新住宅や育児などの話題から、経済週報、貴族院の論戦までとりあげている。「野球を七回試合にするの可否」や、芥川龍之介の短編小説「仙人」も。総合週刊誌の原点である。

 この4月で創刊99周年となる。幅広く知りたい情報に出会える、という伝統を生かしながら、今後は「論争のある週刊誌」として、より存在感を高めていきたいと思う。

「阿木燿子の艶もたけなわ」は終了。新たに、毎日新聞日曜版で好評だった梨木香歩さんのエッセー「新 炉辺の風おと」がスタート。創刊100周年に向けてお付き合いください。

(坂巻士朗)