お知らせ

サンデー毎日4月4日増大号は3月23日発売。

2021.03.23

編集長後記

 東京電力福島第1原発のある福島県沿岸部で、住民から、事故を起こした東電への複雑な気持ちを聞いたことがある。家屋や畑、墓などの除染に協力する東電社員たちへの温かい思いだ。「会社は悪いけど、社員はね......」と話す人もいた。加害企業への憎しみや恨みを抱きながらも、復興に向けてはその社員を頼らざるをえない。そんな住民たちの苦しい胸の内は、社員を通じて東電に伝わっていたはずだ。

 それなのに、である。東電が再稼働を目指す柏崎刈羽原発(新潟県)で、侵入者を防ぐ対策のずさんな対応が明らかになった。万が一が起きると︱。福島の人たちを苦しめた10年、東電は何も学んでいない。

(坂巻士朗)