対談詳細

艶もたけなわ
loading...

松井五郎 作詞家

2017年12月 3日号

阿木燿子の艶もたけなわ 180 

 1980年代以降、安全地帯の「じれったい」「悲しみにさよなら」をはじめ、数々の名曲の作詞を手がけてきた松井五郎さん。その数3000曲以上。そして、今なおアイドルから演歌まで幅広く作詞活動を続けています。今回の作詞家同士の初対談、裏方に徹してあまりメディアに出ない松井さんですが、「作詞家の心意気」について阿木さんと語っていただきました。

  •  ◇玉置浩二さんは短い曲が多く、逆に小室哲哉さんの曲は音数が多かった。
  •  ◇松井さんは、玉置浩二さんに170曲も詞を提供なさったんですよね。
  •  ◇何か新しいものを作りたい意欲に燃えていた時期に出会え、最高のタイミングでした。

阿木 以前、この対談に湯川れい子さんに出て頂いたんですけど、湯川さんは音楽評論家の肩書もお持ちなので、純粋に作詞家という意味での同業者は、松井さんが初めてです。
松井 そうですか。ありがとうございます。
阿木 私、対談させて頂くに当たって毎回かなり資料を読み込むのですが、今回はあまり参考になるものがなくて、困りました(笑)。
松井 僕、メディアにあまり出ないので。
阿木 音楽ファンの中には、お名前は馴染(なじ)みがあるけど、松井五郎さんってどういう人だろう、と思っている人が結構居るかも。
松井 そうかもしれませんね。とくにテレビには出ないようにしているので。ラジオは好きなので、NHKの「ラジオ深夜便」には出させて頂いています。
阿木 テレビを敬遠なさるのは、何か理由があって?
松井 基本的に、作詞家って裏方じゃないですか。たとえばアイドルを手掛けると、詞を書いている人が、いい年をしたおじさんというのもどうかなと思って。ファンの夢を壊さないために、表に出ないようにしてるんです。
阿木 でも、"松井五郎ファン"にしてみれば、顔が見たいかも。
松井 同じ裏方でも、その人自体がメディアの役目を果たしているのなら、表に出ることがアーティストのためになると思うんです。でも、僕は書くジャンルが広いので、それこそアイドルから演歌までとなると、僕が何か発信するよりもフロントに立っている歌手が一番輝けばいいと思うんです。
阿木 「ラジオ深夜便」は、オトナのリクエストアワーという同じコーナーを私も受け持っているんですが、先日、聴かせて頂いたら、切り口がまったく違っていて。私はその時の思いつきで喋(しゃべ)っているんですけど、松井さんはちゃんと下調べをなさっていて、凄(すご)く学術的(笑)。
松井 もともと僕はマニアックなところがあって、音楽や映画が好きなので、特に番組のために調べているわけではないんです。
阿木 ですよね、かなり基礎知識がお有りに(笑)。ラジオって気持ちが楽ですよね。顔は見えないんだけど、特定の誰かさんと、ゆっくり深夜にお喋りをしているようで。さーて

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

  • 艶もたけなわ

    田中麗奈 女優

    2018年5月20日号

    阿木燿子の艶もたけなわ/202   清涼飲料水のCMで初代イメージキャラクターを務め...

コラム