対談詳細

艶もたけなわ
loading...

鮫島有美子 歌手

2016年6月 5日号

阿木燿子の艶もたけなわ 第106回

 世界を舞台にソプラノ歌手として活躍する一方、日本の童謡や唱歌などに新たな命を吹き込み続けてきた鮫島有美子さん。昨年、鮫島さんは天皇、皇后両陛下が作詞作曲された曲を歌ったCDブックを発表。阿木さんと鮫島さんは、常に日本国民のことに思いを馳せる両陛下について語り合い、両陛下の曲を2人で歌って"夢の共演"をしました。

 ◇これからも戦後70年を一つのテーマとして歌っていきたいんです。
 ◇両陛下のお人柄が偲ばれるお歌で、聴くだけで心が洗われる思いがいたします。
 ◇ちょっと大仰ですが、「歌声の響」の普及推進にまい進してまいります(笑)。

阿木 鮫島さんは日本を代表するソプラノ歌手でいらっしゃいますが、ソプラノのソリストの声って天賦の才能ですよね。でも、多少はトレーニングで高い声って出せるようになるものですか。
鮫島 オペラの場合、それなりの訓練が必要ですね。声帯は筋肉なので、どこをどう伸ばすかというような訓練なしでは得られません。
阿木 でも、声とそれに見合ったボディー、つまり"神様からのギフト"が備わっていないと歌えませんよね。努力で補える範囲と、それを超えた才能とでは歴然の差があると思うのですが。
鮫島 お返事に困りますので、ヒミツにさせてください(笑)。
阿木 不躾(ぶしつけ)な質問をしてしまい、失礼いたしました(笑)。オペラを歌う方って、人間の域を超えているなと思うことがあって。
鮫島 確かに、そういう方もいらっしゃいますね。
阿木 鮫島さんもそのお一人です(笑)。
鮫島 わたくしは小さい頃からただただ歌が好きで、歌い続けてきた感じです。母の子守歌の影響でしょうか。
阿木 お母様は、音楽がお好きだったんですか。
鮫島 好きなことは好きでしたけど、特別というわけではありませんでした。
阿木 国際的な音楽家を育てるには、ご両親の並々ならぬ熱意と理解が必要なのでは、と思っておりました。
鮫島 わたくしが一人っ子でしたので、好きなことをさせてあげたいという気持ちが強かったのではないでしょうか。
阿木 ソプラノの歌い手さんというと、高音ばかりが目立ってしまいますが、鮫島さんは中低音もとてもキレイ。鮫島さんは以前からオペラ以外に、日本の歌の掘り起こしをされてこられましたよね。童謡歌手や歌謡曲の歌い手さんと違って、クラシックの世界に長く身を置いていらっしゃった鮫島さんが歌われると、楽曲がグラマラスに聴こえます。曲が大きくなるというんでしょうか。
鮫島 クラシックを意識して歌っているつもりはないんですよ。
阿木 日本の歌を歌うときは、歌唱法を変えたりなさるんですか。
鮫島 それはないですね。楽曲をいただいて、その歌の世界をどう自分の中で消化できるかなって。それだけです。
阿木 私、カラオケでよく「青い山脈」を歌うんです(笑)。鮫島さんの「日本のうた」のアルバムにも収録されていますよね。聴かせていただいたら、イントロがオリジナルに近いアレンジなので、うれしくなりました。そして歌に入るとキレイな高声が響いて、二度ハッピーな気分(笑)。
鮫島 そう言っていただくと、うれしいです。今、懐メロを歌われる方がたくさんいらっしゃるので、わたくしなりに、わたくしじゃないとできないことを一生懸命やらせていただいている感じです。
阿木 同じアルバムに、皇后陛下が作詞された「ねむの木の子守歌」も入っていましたね。このお歌も心にひたひたと染み入ってきます。
鮫島 「ねむの木」は、皇后陛下が高校時代にお書きになられたものなんですよ。せっかくですので、一人でも多くの方に聴いていただけたらと思っています。

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

  • 艶もたけなわ

    田中麗奈 女優

    2018年5月20日号

    阿木燿子の艶もたけなわ/202   清涼飲料水のCMで初代イメージキャラクターを務め...

コラム