スポーツ・芸能詳細

News Navi
loading...

山里亮太・蒼井優のスピード婚 早くもスピード離婚を危ぶむ声

2019年6月23日号

 人気女優の蒼井優(33)とお笑いコンビ「南海キャンディーズ」の"山ちゃん"こと山里亮太(42)の電撃婚に、ドラッグなどのスキャンダル続きの芸能界が久しぶりに盛り上がった。有名芸能人初の"令和ジューンブライド"という理由だけではない。

「非モテ芸人と、恋多き女の組み合わせですからね」(ワイドショー芸能デスク)
 恋のキューピッドは、山ちゃんの相方の山崎静代。蒼井の出世作となった映画「フラガール」(2006年公開)で共演して以来、親友の間柄とか。
「山ちゃんは蒼井のファンで、オカズにしていたと、きわどい発言をしていたことも。山崎に紹介されてわずか2カ月で結婚というのもむべなるかなです。オカズを主食にしたんですからね、羨望(せんぼう)と嫉妬の的ですよ」(お笑い関係者)
 しかし、蒼井の男性遍歴を知る映画関係者からは、スピード離婚を危惧する声が上がっている。そんな懸念を反映してだろう、6月5日の結婚記者会見では、蒼井の男関係を踏まえた意地悪な質問も飛びだした。だが、山ちゃんはうまくかわし、男を上げた。
 でも―と言うのは、蒼井を知る映画関係者。
「彼女の交際歴を考えればとにかく飽きっぽいからね」
 なるほど、10代半ばでデビューした蒼井に初めて熱愛が噂(うわさ)されたのは高校時代から交際していた瑛太との関係だ。それを皮切りに、V6の岡田准一、NHK大河ドラマ「龍馬伝」で共演した大森南朋(なお)、舞台で共演した鈴木浩介、それに、堤真一、三浦春馬......。恋愛体質なのだろう。
「それだけに蒼井は結婚に不向きと言われているんです」(前出の映画関係者)
 だが、蒼井と交際していた瑛太、岡田、大森、それに鈴木、堤の5人は他の女性と結婚、幸せな家庭を築いている。その意味では"あげまん"体質なのかもしれない。
 であるならば、山ちゃん、得意芸の風俗ネタ、しばらく封印だね。

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

コラム