スポーツ・芸能詳細

News Navi
loading...

ピエール瀧 薬物韓国ルート説でとんだトバッチリ 世界のキタノ

2019年3月31日号

 結成30周年の人気バンド「電気グルーヴ」のメンバーとしてだけでなく、映画、ドラマなどで大活躍していたピエール瀧(51)。コカイン使用で逮捕されたことで、その名声は一夜にしてついえて、今では怨嗟(えんさ)の的になっている。

 NHK関係者は激怒する。
「大河ドラマ『いだてん』に重要な役どころで出演中で、3カ月先まで収録が終わっている。視聴率が一けた台と低迷しているなかでのこの騒ぎだ。彼の出てくる場面をカットして放送する方針だが、そんなむちゃくちゃな大河ドラマは前代未聞。脚本家、演出家はもちろん、現場もなめられたものだ」
 今回の逮捕劇で、ある情報が芸能界を駆け巡った。発端は、コカインの吸引に使ったと見られる韓国紙幣が押収されたことだった。裏事情に詳しい映画関係者が明かす。
「日本、韓国を舞台にした北野武監督のヒット作『アウトレイジ 最終章』(2017年)に出演しており、韓国ロケでコカインにずっぽりはまったともささやかれています」
 もう一つ、因縁話がある。
「今年2月に強制性交罪で逮捕・起訴された俳優の新井浩文(40)も北野監督の『アウトレイジ ビヨンド』(12年)に出ていて、その縁で2人は仲が良かった。新井の何らかの供述が、今回のピエールの内偵捜査につながったという臆測も出ています」
 だが、"アウトレイジ=コリア・コカインシンジケート"の見方については、映画の製作サイドは首を振る。「だって韓国のシーンはCGなんです」。そもそも20代のころから常習だったという。
 とんだトバッチリみたいだ。そういえば、監督の北野自身も「いだてん」では志ん生役で出演中だ。迷惑千万だろう。
 ともあれ、「いだてん」だけでない。「居眠り磐音」などの大作映画にも出演しており、関係者は対応に追われる。巨額損害賠償となってピエールにのしかかる。代償はあまりに大きい。
(本多圭)

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

  • 艶もたけなわ

    毎熊克哉 俳優

    2019年5月19日号

    阿木燿子の艶もたけなわ/251   映画「ケンとカズ」で新人賞を相次いで受賞。裏社会...

コラム