スポーツ・芸能詳細

News Navi
loading...

「波瑠」のドラマ絶好調のウラで思わぬ"風評被害"に見舞われた?

2017年7月 2日号

 右肩上がりの視聴率を続けるTBSの火曜ドラマ「あなたのことはそれほど」に主演する波瑠(はる)(26)。"好感度女優"で名高いが、役柄と本人を混同した視聴者の"風評被害"に頭を痛めているという。
「視聴率は右肩上がりなのですが、役柄を混同した視聴者からクレームが来ているのです。波瑠は困惑するばかりでしょう」(ドラマ関係者)
 波瑠といえば、2015年から16年にかけて放送されたNHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」のヒロインに抜擢(ばってき)。同番組は、最終回の視聴率が27%を記録。全話平均視聴率は23・5%で、朝ドラとしては今世紀最高の視聴率をマーク。波瑠は"好感度女王"の座を獲得した。
「その勢いを買われて、TBSの『あなたのことはそれほど』の主演になった。初回視聴率11・1%と及第点でしたが、2話目以降は9%台にダウン。だが6話目から回復し、8話目で13・5%を記録しました」(ドラマスタッフ)
 視聴率がアップした影響なのか、波瑠に"災難"が――。
「ドラマでは共演の東出昌大(29)と夫婦役ですが、波瑠が演じる妻は結婚生活に満足できず、学生の頃に片思いをしていた男性と不倫に走る役柄。そこで一部の視聴者から、ドラマと現実を混同し"波瑠の不倫は認めない"との声が寄せられているというのです」(前出のドラマ関係者)
 同じ"火曜ドラマ"で高視聴率を記録した「逃げるは恥だが役に立つ」でも、新垣結衣(29)と星野源(36)が本物の恋人と錯覚してしまう視聴者が多かったという。波瑠の場合も好感度に影響しかねない。
「好感度が下がれば、CMやオファーに影響します」と言うのは広告代理店関係者。
「下手をすると、その損害額は1億円以上かもしれません。波瑠サイドは頭を痛めていますよ」(同)
 被害が拡散しないためにも、"逃げるは恥~"同様、最終回は高視聴率で有終の美を飾ってほしいものだ。
(本多圭)

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

  • 艶もたけなわ

    黒田福美 女優・エッセイスト

    2017年11月19日号

    阿木燿子の艶もたけなわ 178   芸能界きっての韓国通として知られる女優の黒田福美...

コラム