スポーツ・芸能詳細

News Navi
loading...

"結婚"を機に娘は完全自立へ 「聖子&沙也加」確執の行方

2017年5月28日号

 歌手・松田聖子(55)の長女で、女優・歌手の神田沙也加(30)が9歳年上の俳優・村田充(みつ)(39)と結婚することが明らかになった。そうした中、聖子と沙也加の"確執の行方"が注目されている。
「かつて聖子とマネジャーK氏との"愛人報道"が流れましたが、以来、沙也加は愛想を尽かして母親と絶縁状態といわれています。沙也加の結婚について、"二人で内祝いした"との報道もありましたが、周囲では完全修復したとは見ていません」(女性誌記者)
 約3年前、聖子は身内が役員を務め、沙也加も所属する個人事務所「ファンティック」を飛び出し、K氏と新事務所を設立して独立した。
「それ以前から、聖子はK氏を東京・成城の豪邸に同居させていたのですが、沙也加と祖母はK氏と一緒の空気を吸うのは耐えられない、と家を出たんです。ところが聖子が3度目の結婚相手として選んだのは、歯科医で慶應大の医学部准教授だったんです」(芸能関係者)
 3度目の再婚を機に、聖子はK氏を解雇したが、水面下では二人の関係は続いていたという。
「聖子は沙也加と『NHK紅白歌合戦』で共演し、二人は和解したとの情報が流れたことがあるのですが、修復とはいきませんでした」と語るのは夕刊紙記者。
「それどころか、聖子は新事務所を設立した直後に自宅から出て行きました。今年に入って、夫の姿は目撃されていません。夫婦関係も悪化しているといわれています」
 沙也加は結婚を機に、聖子の知的財産を管理する「ファンティック」からも独立、完全自立への道を歩む。
「6月10日から聖子は夏恒例の全国コンサートツアーをスタートさせます。ツアー中、沙也加の結婚をネタにするか、それとも、3度目の離婚を発表するのかが焦点となっています」(前出の女性誌記者)
 聖子の動向に目が離せない。
(本多圭)

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

  • 艶もたけなわ

    平原綾香 歌手

    2017年7月16日号

    阿木燿子の艶もたけなわ161  2003年、平原綾香さんは、ホルストの組曲「惑星」の...

コラム