スポーツ・芸能詳細

News Navi
loading...

 「2050年までにW杯を制覇」 中国が"サッカー大国"計画発表

2017年3月19日号

 中国がサッカー強豪国への野望を。「まずアジア代表としてワールドカップ(W杯)出場、次いでW杯を中国で主催し、最終的には優勝」。実はこれ、サッカー好きで知られる習近平国家主席の個人的な夢だそうだ。2050年までにW杯制覇を達成する、という壮大なゴールを狙っているというのだ。
 中国教育省は2月、青少年のサッカー技術の向上を目的とした「特色学校」を25年までに全国で5万校設置すると発表した。1校あたり平均1000人の生徒を集め、計5000万人に訓練を施す計画だ。サッカー人口の底辺を分厚くしたうえで、選(え)りすぐりの若者たちによる、世界最強の代表チームを作る方針という。
 昨年4月に公表された同様の計画では、「20年までに2万校」としていたが、1年もたたずに大幅にハードルを引き上げたことになる。このほか、中央政府は全国に6万カ所のサッカー球技場を増設することも決めている。
 国家目標に歩調を合わせ、50年までの独自の中長期計画を策定したのが河北省だ。22年の冬季五輪で雪上競技が行われる同省は、中国鉄鋼業の中心地でもある。しかし、生産能力過剰となり、省内の製鉄所は閉鎖が相次ぐ。そこで、省の未来をサッカーに託そうというのだ。
 同省は20年までに「特色学校」を1000校設置すると同時に、中国プロサッカー連盟のスーパーリーグ加盟チームを最低でも一つ誕生させたいとしている。さらに、30年には省民1万人当たりに1カ所の割合でサッカー球技場を建設。これらの取り組みを通じ、「省民のサッカーのレベルを国内トップクラスに引き上げ、中国によるW杯開催に貢献する」とぶち上げた。
 国際サッカー連盟(FIFA)の最新ランキングで中国は86位。35年にわたる総力を挙げての"サッカー大国化計画"は、果たして実現するのだろうか。
(志村宏忠)

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

  • 艶もたけなわ

    黒田福美 女優・エッセイスト

    2017年11月19日号

    阿木燿子の艶もたけなわ 178   芸能界きっての韓国通として知られる女優の黒田福美...

コラム