スポーツ・芸能詳細

News Navi
loading...

 「香里奈」ラストチャンスだったドラマ「嫌われる勇気」が大波乱

2017年3月 5日号

 女優・香里奈(32)の"最後のチャンス"と言われた主演ドラマ「嫌われる勇気」(フジテレビ系)。だが低視聴率に加え、日本アドラー心理学会からドラマの問題点を指摘され、放映の中止、脚本の見直しを要求される騒動になってしまった。
「香里奈は3年前、"ベッド上の開脚ポーズ"が写真週刊誌に掲載され、イメージダウン。ドラマのオファーは激減、CMからも姿を消しました。その彼女が再起を懸けたTBSドラマ『結婚式の前日に』は"爆死"。『嫌われる勇気』が"最後のチャンス"と言われていたのですが、アドラー心理学会からクレームがついてしまった。香里奈は頭を抱えています」(番組関係者)
 このドラマは、アドラー心理学を解説したベストセラー本『嫌われる勇気』を原案にした作品。香里奈演じる主人公、刑事・庵堂蘭子がアドラー心理学を体験する物語だが、大幅にアレンジされている。
「初回視聴率8・1%でしたが、5話目で6・1%と下がって打ち切り説も浮上したほどですが、香里奈は人が変わったようにやる気になっています。スタッフは最後までやらせてあげたいというムードになっていました」(ドラマ関係者)
 ところが、アドラー心理学会から香里奈のキャラクターに対して抗議文が提出された。
「問題点として、たとえば"勇気は共同体感覚"と関係すると理解されているのに、香里奈演じる刑事は"私はただ、感じたことを口にしているだけ"と言っていますから、そもそも解釈が違っている。香里奈自身は脚本を読んで制作サイドの指示に従って演技しているだけなので、責任はない。でも、やってられない気持ちでしょう」(ドラマ制作会社スタッフ)
 すでにドラマは後半に入ろうとしている。この段階で、脚本を見直すというのは視聴者を混乱させるだけだろう。フジは一体、どうするか。
(本多圭)

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

  • 艶もたけなわ

    黒田福美 女優・エッセイスト

    2017年11月19日号

    阿木燿子の艶もたけなわ 178   芸能界きっての韓国通として知られる女優の黒田福美...

コラム