スポーツ・芸能詳細

News Navi
loading...

いまだ"紅白落選"を引きずる? 芸能界のご意見番「和田アキ子」

2017年2月19日号

「芸能界のご意見番」と呼ばれる歌手の和田アキ子(66)は、今年で芸能生活50周年。だが、昨年の"紅白落選"のショックをいまだに引きずっているようだ。
「今年に入ってから"パワハラ騒動"が起きたり、音楽祭の賞レース批判をするなど過激発言の連発です。業界関係者から『紅白落選の尾を引きずっているのか?』と言われています」(芸能関係者)
 和田は昨年、NHK紅白歌合戦に40回出場目前で落選。「今年は(紅白を)見たくない。NHKだけスクランブルをかけて」と発言していた。
「こうした言動に周囲から『大人になりなさい』と言われた和田は、『子供のまんまでいたい。こんな大人、イヤです』と反発したことをテレビで暴露。『今年は50周年をバネに(NHKに)逃げた魚は大きかった、と思ってくれたら』などとリベンジ発言もしていました」(バラエティー番組スタッフ)
 ところが、芸能関係者は「リベンジどころか、和田の歯に衣着せぬ言動は止まりませんよ」と言う。
 お笑いタレントの狩野英孝(34)の"淫行(いんこう)疑惑報道"を受けて和田は1月22日、レギュラー番組「アッコにおまかせ!」(TBS)で、準レギュラーで狩野の事務所先輩の出川哲朗(52)に無理やり狩野の携帯に電話させたという。
「ネット上などでは、レギュラーの立場を利用した"パワハラ"と批判を浴びました。2月2日に出演した『バイキング』(フジテレビ)で和田は、出川への電話要求は『本番前に打ち合わせていた』と釈明しましたが、視聴者がどう判断するか......」(番組関係者)
 また、別のトーク番組では、音楽祭の賞レースについて、
「昔はリンゴ箱の下に札束があったりとかいう噂(うわさ)があったらしい。そういうの、ホリプロはクリーンなのよ」などと発言し、波紋を広げている。
 これらが"紅白落選"の悔しさのせいか分からないが、せっかくの50周年メモリアルの行方が心配だ。
(本多圭)

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

  • 艶もたけなわ

    田中麗奈 女優

    2018年5月20日号

    阿木燿子の艶もたけなわ/202   清涼飲料水のCMで初代イメージキャラクターを務め...

コラム