スポーツ・芸能詳細

News Navi
loading...

「女王」石川佳純の4連覇阻んだ平野美宇が史上最年少優勝飾る

2017年2月12日号

リオ五輪補欠の悔しさをバネに史上最年少優勝――。卓球全日本選手権最終日の1月22日、女子シングルス決勝で高校1年の平野美宇(エリートアカデミー)が4連覇を目指した女王・石川佳純(23)=全農=を圧倒、4―2で初優勝を飾った。16歳9カ月での優勝は、1988年の佐藤利香の17歳1カ月を抜く最年少記録である。
 攻めを貫くスタイルが功を奏した。機先を制した第1ゲーム最初の2ポイントが石川を慌てさせた。石川のサーブをいきなりリターンスマッシュ。2本目も全力で打ち返した。「最初のサーブをスマッシュで返すなんて普通は考えられない。信じられなくて焦ってしまった」と石川。昨年の決勝で敗れている平野は「昨年は出だしが悪くて負けた。今年は最初から全力でいこうと思っていた。あれは作戦です」と明かした。
 相手が何をしてくるか分からないと混乱させ、心理戦で優位に立ったことが大きかった。筋力トレーニングでパワーアップしたスマッシュで、高速ラリーでも女王相手に打ち勝った。平野を変えたのは昨夏のリオ五輪。代表入りを逃し、補欠として現地で仲がいい同年の伊藤美誠(スターツ)らと練習しながら、団体銅メダルの瞬間はスタンドで見守った。「すごく悔しかった。東京五輪は自分が一番で迎えたい」と雪辱を誓った。
 昨年10月のワールドカップで日本勢初優勝を果たし、中国スーパーリーグにも参戦して世界のトップ選手の力を体験した。その経験と自信が精神面でも積極性をもたらしている。世界選手権(5月29日開幕、ドイツ・デュッセルドルフ)に向け「日本一になれたので、全日本王者にふさわしい結果を出したい。中国人選手に勝ってメダルを取りたい」と、堂々と話した。
 これまで伊藤と組んでいたダブルスは石川と初コンビを組むことになり、東京五輪への新時代の争いは激しくなりそうだ。
(水木圭)

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

  • 艶もたけなわ

    田中麗奈 女優

    2018年5月20日号

    阿木燿子の艶もたけなわ/202   清涼飲料水のCMで初代イメージキャラクターを務め...

コラム