スポーツ・芸能詳細

News Navi
loading...

息子の"不祥事"がたたって 高畑淳子の舞台に"懸念情報"

2016年10月 9日号

 不肖の息子、高畑裕太(23)の"女性トラブル"で親バカぶりを批判された女優の高畑淳子(61)。彼女が主演を務める舞台「雪まろげ」が9月24日からスタートしているが、チケットの払い戻しまで起きて大ピンチだという。
「息子・裕太の強姦致傷事件は不起訴になって、一部ではハニートラップ情報まで流れています。いずれにしても示談という、カネで解決した高畑の"親バカぶり"が一部ファンの反感を買ったようで、チケットの払い戻しが出ているのです」(舞台関係者)
 高畑が主演を演じる「雪まろげ」は2009年に国民栄誉賞を受賞した大女優の森光子さん(故人)が、1980年から2007年まで通算471回上演した。「放浪記」に次ぐ森さんの代表作だ。
「森さんの代わりを務める高畑も2年前に紫綬褒章を受章し、舞台関係者から"森さんの代わりを務められるのは高畑しかいない"と絶賛されていました」(演劇関係者)
 高畑は演技力はもちろん、バラエティー番組でも"ノリが良いおばちゃんキャラ"で人気があった。
「そんな折に裕太の"女性トラブル"が起きた。事件は不起訴になったとはいえ、その影響は大きいですよ」
 と言うのは、バラエティー番組スタッフ。
「事件後、高畑の記者会見は同情を買いましたが、カネで解決したことがクローズアップされ、批判が大きくなった。それでチケットの売れ行きにまで影響が出てしまいました」
 公演は、9月24日を皮切りに全14都市でロングラン上演される。チケットが完売したのは初日の24日などごく一部。目下、空席が目立つ日もあるという。
「加えてチケットの払い戻しが続出したことで、舞台関係者はヒヤヒヤしています」(前出の舞台関係者)
 このままでは森光子さんが浮かばれない。
(本多圭)

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

コラム