スポーツ・芸能詳細

News Navi
loading...

芸能 収入格差で解散説が浮上!? 「ハリセンボン」の非常事態

2016年4月17日号

「打倒・羽鳥」を目指して、日本テレビの朝の情報番組「スッキリ!!」が、お笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜(33)をサブMCデビューさせたことで"コンビ解散"の情報が流れている。
「日テレの『スッキリ!!』はテレビ朝日の『羽鳥慎一モーニングショー』に視聴率が抜かれる回もある。"打倒・羽鳥"で、ハリセンボンの春菜がサブ司会に抜擢(ばつてき)された結果、相方の箕輪はるか(36)との収入格差は開く一方。会うと喧嘩(けんか)が絶えないともいわれるゆえんです」(バラエティー番組スタッフ)
 よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の二人は、吉本の「東京NSC9期生」で、2003年に「ハリセンボン」を結成し翌年デビュー。07年の「M―1グランプリ」では決勝に進出した実力派コンビ。その後、互いにピンの仕事が増え始め、春菜は12年の上半期番組出演数は318本に。
「春菜は年上芸人やコメンテーター相手の受け答えもできるため、バラエティーは春菜指名が多くなる。それに大物タレントとの人脈も役に立ってます」(お笑い関係者)
 春菜が主宰する女子会"春菜会"には女性芸人をはじめベッキー、NHKの朝ドラ「花子とアン」で共演した吉高由里子、吉高を通じて親しくなった「perfume」の西脇綾香。それに「沖縄国際映画祭」で知り合った安室奈美恵まで参加するという。
「番組側としては、春菜を通じて彼女らがゲスト出演してくれるのでは、と期待が持てる。一方、はるかはさほど人脈がない。そのため仕事と収入の格差が開いてしまうのです」(前出のバラエティー番組スタッフ)
 二人を知るお笑いマネジャーは「最近では口喧嘩が原因で、はるかが愛想を尽かして"解散"を申し出たとのウワサもありますよ」と話す。
 生き残る「女性お笑いコンビ」は少ないだけに、解散はウワサレベルにとどまってほしいものだ。
(本多圭)

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

コラム