政治・社会詳細

News Navi
loading...

東大阪の「セブン」がFC解除 元日休業や時短営業訴えた末に

2020年1月26日号

 「働き方改革」を政府が叫ぶ中、「元日休業」「24時間営業拒否」を主張していたセブン−イレブン東大阪南上小阪店(東大阪市)の松本実敏(みとし)オーナー(58)が本部(東京都千代田区)から昨年12月31日付でフランチャイズ(FC)契約を解除された。

 解除の通知書には時短営業のことなどは書かれず、「顧客のクレームが多い」などと記されていたという。松本氏は、利用者の迷惑な使い方に業を煮やし、トイレを貸すことをやめ、駐車場も有料化した。レジの並び方などルールを守らない客に怒鳴ったことなどを認めたうえで、「私は口が悪く、ネットでいろいろ書かれていますが解決しています。去年の2月に私が打ち出した時短や、その後の元日休業などを求めるオーナーが他にも出てきたので、本部は私を見せしめにしたいのでは」と話す。

 松本氏は「セブンペイの被害でも社長が謝罪に姿を見せない」など本社サイドをSNSで指弾してきた。「夜中に店を開けても人件費や冷房代などで赤字。売り上げの多くのチャージを吸い上げる本部は、すべてオーナーに犠牲を強いて続けさせるだけ」と訴えてきた。

 本部は「コメントできない」とし、解約がこうした行為へのしっぺ返しかどうかは不明だ。年明けも自主運営を続けた松本氏に対して今後、明け渡し強行も予想されるため、松本氏は1月6日、オーナーとしての地位確認などを求め仮処分を大阪地裁に申し立てた。

 また、8日には仕入れができないことに加え、在庫の処分も進んだことから休業することを明らかにした。

「裁判などがどうなるかはわかりませんが、本部から無理な働き方を強要されて困窮しているオーナーは私の他にもたくさんいます」

 本部は「働き方」とは無関係としたいようだが、オーナー側の不信感は根強い。見せしめと言われないためにも丁寧な対応が必要ではないか。(粟野仁雄)

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

  • 艶もたけなわ

    MIYAVI ミュージシャン

    2020年5月 3日号

    阿木燿子の艶もたけなわ/299  難民問題をはじめ、世界情勢や時事問題に一家言を持ち...

コラム