政治・社会詳細

イチオシ
loading...

前川喜平・激白150分! 「安倍政治」の全体主義がニッポンを壊している!

2018年9月 2日号

倉重篤郎のサンデー時評

 ◇東京医科大の女性差別、LGBTへの圧力、文科省汚職...  

 安倍政権下、看過できない事態が続く。東京医科大の女性差別、LGBTへの差別発言、そして文科省の汚職......。新刊『面従腹背』(小社刊)で民主主義と教育について深く論じた前川喜平・前文科次官が、安倍的全体主義による教育破壊を告発する。

 今、教育の世界で何が起きているのか。
 文部科学省の局長級の役人2人が汚職で逮捕された。そのうち一人は東京医科大に息子を裏口入学させてもらう対価として国の補助金事業選定で便宜を図り、もう一人は、役所に出入りするブローカーに過剰な接待を受けていた、という。いずれも教育行政を司(つかさど)る文科官僚としてあるまじきことではないか。教育現場に与える負の影響を懸念する。
 その関連で明るみに出た同大入学試験における女子受験者に対する一律減点問題にも驚かされた。教育分野になお残る女性差別の現実を見せつけられたばかりでなく、女性活用社会という現政権が提唱する看板政策にも疑問符をつけた。
 差別でいえば、杉田水脈(みお)自民党衆院議員の「LGBTには生産性がない」とする雑誌寄稿問題もあった。人間の価値を「生産性」でしか測れないのであれば、憲法の個人の尊厳原則に明確に背馳(はいち)する。その意味では国会議員失格であろうが、半端な処分で終わっている。
 何かおかしい。教育という世界の中枢と周辺で異変が起きていやしまいか。あの大戦の反省から、非戦と個人重視という戦後教育の理念がどこかで崩れ始めているのではないか。この欄では、安倍晋三政権の6年について主要政策の点検、総括を行ってきたが、今回は教育政策を取り上げる。何がどう変わり、今度どうなるのか。前川喜平前文科事務次官(63)と150分議論した。
 東京医科大の女性減点問題からいきましょう。
「論外だ。加点ならまだアファーマティブ・アクション(積極的差別是正措置)という説明もつくかもしれないが、一律減点はひどい。どう考えても憲法13条(個人の尊重)、14条(法の下の平等)に反する」
 2006年からだと。
「他の医大でもやっている可能性がある。能力のある女性を使わず、能力のない男性を使うというのだから社会全体にとってもマイナスだ。それよりいかに女性が働きやすい環境を作るかを優先すべきだ。出産は確かに女性にしかできないが、子育ては男性もできる」
「都道府県の教員採用でも類似の話がある。特に小学校だ。校長さんら管理職は男性だから男性教師が欲しい、それが現場の声だと言ってくる。そういう声に押されて教育委員会が男子優先で採用しているのではないかという噂(うわさ)だ。面接で配慮している可能性がある」
 ところで、杉田議員のLGBT発言はどうか。差別と生産性偏重は同根では?
「人権感覚がない政治家だ。人間としてどう生きるかを生産性だけで評価するのは本末転倒だ。私は一人一人の命とか、暮らしとか、自己決定が大事で、それをちゃんと守り育てるために社会が作られなければいけない、と思っている。杉田氏らの考えは、最初に全体があって、その全体に役立つかどうかで人を仕分けする。端的に言うと、全体主義的思想だ。全体を優先、個人は全体に従属する。全体に奉仕するか否かで個人の価値が決まるという」
 追い打ちをかけるように谷川とむ自民党衆院議員がLGBTは「趣味みたいなものだ」と言った。
「LGBTの人たちにとっては趣味ではなく、アイデンティティーそのものだ。自分の間尺に合わない人間を切り捨て、一つの型にはめこもうという、これも全体主義だ。安倍政権そのものが持っている体質だと思う。日本国憲法の持っている一番大事な原理、個人の尊厳を否定している。そもそも今の政権中枢の人たちの思想は戦前回帰だ。国のために役に立つ人間がいい人間だという発想。安倍チルドレンに多い。そういう空っぽな全体主義のイデオロギーで教育も支配しようとしている。非常に危険だ」
 杉田発言に二階俊博自民党幹事長は「人それぞれ政治的立場、いろんな人生観、考えがある」(記者会見)と半ば容認のコメントだ。
「国会議員である以上、そういう考えがあってはいけない、というのが私の立場だ。多様な意見を認めることは大切だが、認めてはいけない意見もある」
 多様性を否定する意見?
「まさにそうだ。自由を否定する自由はあるか、という逆説的な問題ではあるが、ヘイトスピーチもそうだ。一番大事な価値を否定する言論はもっと非難されるべきだと思う。ヘイトのように法で規制されるべきかは別だが、少なくとも言論の中ではもっと批判されなければならない。憲法違反だからだ。13条には『すべて国民は、個人として尊重される』とあり、99条には、国の統治機構に関わる人は憲法をちゃんと尊重し擁護しろと書いてある。安倍氏も杉田氏も全体主義の方向で憲法改正したいのだろうが、まだ改正されていないのだから今の憲法をちゃんと守ってくれと言いたい」

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

  • 艶もたけなわ

    風間杜夫 俳優

    2018年9月 2日号

    阿木燿子の艶もたけなわ/216   かつて、つかこうへい事務所の看板俳優として活躍し...

コラム