政治・社会詳細

News Navi
loading...

「タンスの肥やし」を現金化するスマホ「質屋アプリ」が人気上昇

2017年12月31日号

 家にあるモノを手軽に現金化したい――。そんな悩みを解決してくれるサービスが今、人気を集めている。おカネになりそうな「タンスの肥やし」をスマートフォンで撮影するだけで、すぐに換金してくれるスマートフォン向けのアプリ(ソフト)だ。「質屋アプリ」とも呼ばれている。
 11月末には、フリマアプリで国内最大手のメルカリ(東京都港区)が「メルカリNOW(ナウ)」と名づけた"質屋サービス"を開始。買い取り総額を1日当たり1000万円に制限しているが、その枠に収まらない人気ぶりだ。
「毎日、午前10時からその日の取引を始めますが、あまりの人気で10分もたたないうちに、1000万円に達してしまいます」(同社広報担当)
 人気の秘訣(ひけつ)は、簡単な使い方とそのスピードにある。
 スマートフォンでメルカリのアプリを開き、売りたい商品のブランド名を選び、種類(カバン、服、靴など)と状態(「新品・未使用」「美品」「使用感あり」)を選択し、商品を写真撮影するだけ。撮影後、商品はデータベースに照合され、すぐに買い取り査定価格が画面に表示される。
 例えば、「新品・未使用」のナイキのスニーカー(AIR FORCE1シリーズ)の場合、査定額は2800円。グッチの「使用感あり」の中古腕時計は6070円と査定された。利用者は商品を2週間以内に送ることが必須だが(発送は無料)、入金は商品発送前に完了するのでありがたい。もちろん、悪用できない仕組みもある。ぼろぼろのモノを「新品」と偽れば、返金を要求されることもある。
 メルカリ以外にも、「CASH(キャッシュ)」という「質屋アプリ」もある。その成長ぶりを買って、ネットサービス大手のDMMドットコムが11月に買収したほどだ。
 年末の大掃除のついでに試してみるのも「あり」かもしれない。
(谷口健)

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

  • 艶もたけなわ

    田中麗奈 女優

    2018年5月20日号

    阿木燿子の艶もたけなわ/202   清涼飲料水のCMで初代イメージキャラクターを務め...

コラム