政治・社会詳細

News Navi
loading...

信頼できる評者を「検索・閲覧」 仏文学者が「書評サイト」を開設

2017年10月29日号

 飲食店検索サイトをはじめ、インターネット上では、あらゆる事象や商品が、利用者や購買者によって評価されている。洗剤や調味料や日用品なら、井戸端会議的な参考意見として有効かもしれない。
 しかし書籍のように、知的感性に関わるものに対してはどうだろう? たしかに無名の一般人にも、優れた鑑識眼の持ち主はいるだろう。しかしその多くは匿名の誰かで、社会的な蓄積がない。どこまで信頼していいものか。
 一冊の本の評価が極端に割れていたりすると混乱して、結局、その本に対する関心も消え失せてしまったりする。いわば「衆愚制」といえるかもしれない。やはり書評は、筆者の来歴と実績が明らかなものを頼りたい。
 今年7月、仏文学者の鹿島茂さんが立ち上げた「All(オール) REVIEWS(レビューズ)」は、そんな思いに応えてくれる"書評の保管所"サイトだ。出版危機の根源は「書籍の消費財化」にあると考えた鹿島さんは、書籍を耐久消費財に戻すための方策を探った。そして、過去に書かれた書評の有効性に注目した。
 当サイトの利用者は、自分が気に入っている評者の書評を無料で読むことができる。気になる本の書評を検索して、比較検討することも可能だ。新刊偏重の新聞や雑誌と異なり、旧刊でも自分の信頼できる評者を探せるので、選択肢は大きく広がる。
 興味が湧けば、その本を即座に購入できるので、結果として本は再発見され、生き続けることになる。ロングセラー=耐久消費財としての本の姿を取り戻すのだ。
 一方、執筆者も力を込めて書いた書評がより多くの人に、幅広く読まれるようになる。また対象の本が購入された場合には、評者にも価格の一部が還元される。読者・出版社・評者の誰も損をしないシステムなのだ。
 秋の夜長の友選びに、訪れてみてはいかがだろう。
(小出和明)

ホームページはhttps://allreviews.jp/

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

  • 艶もたけなわ

    田中麗奈 女優

    2018年5月20日号

    阿木燿子の艶もたけなわ/202   清涼飲料水のCMで初代イメージキャラクターを務め...

コラム