政治・社会詳細

News Navi
loading...

"格安価格"にはワケがある!? 千葉「事件現場の豪邸」公売に

2016年5月29日号

 千葉市が「ヤフオク!官公庁オークション」で公売中の豪邸が話題になっている。
 スタート価格(見積価額)は相場の約5分の1の756万円。当然、ワケがある。
 実はこの物件、2年前に事件現場となった、いわゆる「事故物件」なのだ。当時の報道によると、世帯主の男性(当時55歳)が刺し傷がある状態で死亡しているのが見つかり、千葉県警が自他殺両面で捜査中。現在も未解決という。
 千葉市郊外の現地を訪ねると、閑静な住宅街に洋館風の瀟洒(しようしや)な戸建て住宅が。築22年、全12部屋で延べ床面積は308平方メートル、土地面積は527平方メートルの豪邸だった。
「事件が起きていなければ、約3500万円程度の評価でしょう」(地元不動産業者)
 近くの住民によると、邸宅は当初、中央省庁幹部の高級官僚が建てたという。
「バブル直後でしたが、2億円近かったと聞きました。事件に遭われた方は10年ほど前に中古で購入し、家族で住まわれていました。事件後はずっと空き家です」(住民)
 千葉市によれば、未納付の市税を回収するための出品で、不動産鑑定士に依頼して見積価額を算出したという。ネット上には屋内の写真も公開され、雑然とした雰囲気が生々しい。それにしても、事件現場が公売に出品されて捜査に支障はないのか。千葉南署に聞くと、「寝耳に水の話ですが、現場検証は終わっており、取り壊されても支障はありません」(副署長)とか。
 既に入札の参加申込期間は終了、参加者は5月17日までに入札する。市によると、参加申し込み自体はあったようだ。全国の事故物件サイトを運営する大島てる氏の解説。
「事故物件を気にしない買い手は一定数いて、相場からの"割引率"は殺人で5割とされます。今回は2000万円弱が、落札の"適正価格"では」
 土地だけ必要なら、建物の解体費用は500万円程度かかるという。さて、どんな人が買うのか。
(本田晋作)

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

  • 艶もたけなわ

    毎熊克哉 俳優

    2019年5月19日号

    阿木燿子の艶もたけなわ/251   映画「ケンとカズ」で新人賞を相次いで受賞。裏社会...

コラム