くらし・健康詳細

イチオシ
loading...

総力特集・コロナの正体 ビタミンC・D ミネラル 一日100円分服用の予防効果

2020年4月19日号

 コロナ禍が広がる。しかし特効薬やワクチンの完成は見えない。手洗いやうがいなどとともに大切なのは、ウイルスの感染を予防するために免疫力を高めておくことだろう。各種研究からその〝担い手〟として浮かび上がるのは、やっぱり、ビタミンCやDだった。

 新型コロナウイルスによる国内での感染拡大がオーバーシュート(感染爆発)の様相を呈してきた。

 国などは医療崩壊を阻止すべく、感染予防の基本とされる「手洗い」「うがい」「マスク着用」の励行に加え、「密閉」「密集」「密接」の三つの「密」を避けるよう呼びかけているが、明るい展望は見えてこない。

 国が懸念するように、医療崩壊が起これば、例えば人工呼吸器や人工心肺装置の不足などによって、助かるはずだった重篤患者から多数の死者が出る。だが、仮に医療崩壊を阻止できたとしても、感染者数に致死率を乗じた延べ死者数は計り知れない数に上ることが予想されるからだ。

 そんな中、1月26日、国際オーソモレキュラー医学会(注1)が「ビタミンCがコロナウイルス感染を防ぐ」と題する注目すべき声明を発表。続く3月3日には元杏林大保健学部救命学科教授で同医学会の会長を務める柳澤厚生(あつお)医師(69)が国内向けの報道説明会を開き、「ビタミンC、ビタミンDなどのビタミン、さらに亜鉛、セレン、マグネシウムなどのミネラルに感染予防効果が期待できる」と訴えたのである。

 身近にあるビタミンやミネラルで新型コロナウイルスの感染を予防できるならまさに朗報である。早速、柳澤医師に話を聞いた(以下、「 」内は基本的に柳澤医師の発言)。

     ※

「現在、新型コロナウイルスに有効なワクチンや治療薬はありません。加えて、新たなワクチンや治療薬の開発には年単位の期間が必要とされているのです」

 開口一番、柳澤医師はこう危機感を滲(にじ)ませた上で次のように指摘した。

「新型コロナウイルスに感染しても、無症状、軽症、重症、重篤と、症状のレベルはさまざまです。中でも重症例以上は高齢者や基礎疾患のある人に多く見られますが、このような症状の違いは主に栄養バランスや免疫力に起因していると考えられています。つまり、栄養バランスが良好で、免疫力が健常であれば、たとえ高齢者や基礎疾患のある人であっても、ウイルスに感染しにくく、感染しても重症化しにくいのです。そこで私たちが注目したのが栄養バランスや免疫力を高めるとされるビタミンやミネラルの存在でした」

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

  • 艶もたけなわ

    MIYAVI ミュージシャン

    2020年5月 3日号

    阿木燿子の艶もたけなわ/299  難民問題をはじめ、世界情勢や時事問題に一家言を持ち...

コラム