くらし・健康詳細

イチオシ
loading...

がん制圧の法則/最終回 元京大医学部教授が提言 標準がん治療はもはや時代遅れだ!

2018年7月 1日号

 手術、放射線治療、抗がん剤治療という「標準がん治療」を駆使しても治癒率は6割ほどという。元京都大教授の和田洋巳医師(75)は「根本的な発想の転換が求められている」と説く。大好評連載の最終回は、明日のがん治療が"目指すべき方向"について語り尽くしてもらった。

 標準がん治療は「現時点で最良と考えられているがん治療」とされている。そして、そう考えられている最大の理由は、標準がん治療は「EBM」だから、すなわち「科学的証拠に基づく医療」だから、という点に集約される(注1)。
 だが、臨床の実態を見ると、がんの治癒率は今なお6割程度にすぎない。中でも、最終病期にあたる4期の患者の多くは、延命を名目とした抗がん剤治療に苦しんだ末、治療開始から1~2年で死亡してしまうというのが実情である。
 みずからも京都大病院の呼吸器外科教授として、長年、標準がん治療に携わってきた和田洋巳医師(75)は「抗がん剤でがんを叩(たた)くという考え方は実に100年以上前から変わっていない」と指摘する。ならば、どうすればいいのか。
 衝撃連載(全6回)の最終回は「がん治療医らも含めて自分や家族が本当に受けたいがん治療を実現するにはどのようなパラダイムシフト(発想の転換)が不可欠か」という究極の大テーマにズバリ斬り込む。

―3年前の話になりますが、東大病院で開かれた医師向けのがん講演会で、和田先生は実に大胆な発言をされていましたね。
和田 講演会は一般社団法人・日本がんと炎症・代謝研究会(注2)の主催で、開催の労を取ってくれたのは東大病院呼吸器外科の中島淳教授でした。あの時、私は「我々がやってきたがん治療は間違っていたのではないか」と問題提起をした上で、「標準がん治療には今、根本的なパラダイムシフトが求められている」と発言しました。
―講演会の共催者には東大病院呼吸器外科のほか抗がん剤メーカーも名を連ねており、私は「こんなことを言ってしまって大丈夫なのか」とハラハラしながら拝聴しておりました。
和田 中島教授をはじめとして、がん治療の第一線で活躍している錚々(そうそう)たる面々が集まっていたので、ちょうどいい機会だと思ったのです。私の考え方がどれくらい理解され、受け入れられたのかはわかりませんが、標準がん治療が抱える問題に一石を投じることはできたと考えています。

 ◇「治療手段尽きれば患者放り出す」

―標準がん治療は手術、放射線治療、抗がん剤治療が3大柱となっています。このうち、転移のない原発巣を取り除く侵襲性の低い手術、あるいは侵襲性の高い手術に代わる放射線治療などには、一定の合理性があると思うのですが。

和田 私もそのように思いますが、一定の合理性がある手術と放射線治療、これに抗がん剤治療を加えた3大治療をどんなに駆使しても、がんの治癒率はいまだ6割程度にすぎません。裏を返せば、およそ4割の患者さんが治療の甲斐(かい)なく亡くなってしまう。言い換えれば、最新の標準がん治療をもってしても6割程度しかがんを治せていない、ということなのです。
―しかも、再発・転移を見た4期がんの場合、事実上、手立ては抗がん剤治療しか残されていません。
和田 実は、抗がん剤は第一次世界大戦で初めて使用された化学兵器のマスタードガスから発展してきたものですが(注3)、その起源はパスツールやコッホによる感染症治療にまで遡(さかのぼ)ります(注4)。マスタードガスが開発されたのは約150年前。さらにいえば、オーストリアの外科医、テオドール・ビルロートが世界で初めて胃がんの手術に成功したのが1881年のことですから、この100年以上、標準がん治療の主なやり方や考え方は基本的に何も変わっていない、ということになるのです。
―大腸がんの手術後、私も抗がん剤治療を勧められました。しかし、再発予防に対する効果への疑問と抗がん剤の毒性に対する不安が払拭(ふっしょく)できず、結局、治療はお断りしました。
和田 「再発予防」という"希望"がある場合、患者さんによっては抗がん剤治療を前向きに受け入れる方もおられます。ところが、4期の患者さんを対象とした抗がん剤治療は、がんが治らないことを前提としています。しかも、患者さんは抗がん剤の毒性で亡くなるまで、あるいは有効な抗がん剤が尽き果てるまで、心身ともに苦しみ続けなければなりません。「延命」という大義名分はあるにしても、これでは患者さんにとって"地獄"でしょう。
―そして、最後は医師から引導を渡される。
和田 その通りです。多くの医者たちは抗がん剤治療を躊躇(ちゅうちょ)する患者さんに対して、「昔と違って今はよく効く抗がん剤がありますから」となだめたり、「治療を受けないとすぐに死んでしまいますよ」と脅したりした揚げ句、最終的に治療の手立てがなくなると、「もうウチでできることはありません。今後はホスピスで緩和ケアを受けてください」と宣告して、患者さんを放り出す。患者さんが「頼りにしていた医師から捨てられた」と落胆、絶望するのは当然でしょう。
―その抗がん剤治療も含めて、標準がん治療はEBM(科学的証拠に基づく医療)とされていますね。
和田 日本の場合、EBMという考え方は欧米、直接的には米国から導入されました。その後、日本のがん治療でもエビデンスに基づく方法論が整備され、がん種別に治療の手順などを定めたガイドラインも作成された。確かに、それまで医者たちの個別的な経験などに頼って行われてきたがん治療がエビデンスに基づいて整理され統一されたという点で、私もEBMの確立には一定以上の意義があったと考えています。
―ところが、それが徐々に形骸化していった。
和田 先ほども指摘したように、標準がん治療の主なやり方や考え方は100年以上前から基本的に何も変わっていないのに加え、最新の標準がん治療をどう駆使しても依然として患者さんの6割しか助けることができないのです。しかも、ガイドラインが医者たちの責任逃れのマニュアルとして利用されるようになるにつれ、治療手段が尽きれば患者を平然と放り出すという非人道的な医療が常態化してしまったのです。

 ◇「劇的寛解例に謙虚になろう」

―このような状況や限界を打ち破るには、標準がん治療のどこをどう変えればいいのでしょうか。

和田 すべては、医者たちが「自分のやっている治療は本当に正しいのか」について、いったん立ち止まって振り返ること、そして、「どうすれば間違いを改められるのか」について、真摯(しんし)に向き合うことから始まると、私は考えています。その上で、現在の標準がん治療の誤りや限界を突破するためには、「EBMからSBM(注5)へ」という大胆なパラダイムシフト(発想の転換)が不可欠だと、私は考えています。日本語に訳せば「エビデンス(科学的証拠)に基づく医療」ではなく「サイエンス(科学)に基づく医療」。字面こそ似ていますが、考え方の方向性は正反対です。
―EBMとSBMの違いをもう少し詳しく。
和田 EBMは臨床試験などから得られたエビデンスを基に構築されオーソライズされた治療体系です。厳格なエビデンスに基づくものゆえ現時点では最も有効な治療体系と信じられていますが、半面、いったん構築された体系は誤りや限界があっても改められないという弱点も併せ持っています。EBMは、例えば「目の前にいる患者が抗がん剤治療で七転八倒しようが急死しようが、患者全体として延命効果があるとのエビデンスがある以上、抗がん剤治療は最も有効で最も正しい」とする、上から大きく網をかぶせるような演繹(えんえき)的な治療体系なのです。
―しかも、EBMにはオーソライズされた治療体系に組み込まれた利権構造の問題、同様に前提となるエビデンスにも臨床試験を巡る利益相反の問題を指摘する声があります(注6)。EBMそのものの信用性に関わる問題ですが、もう一方のSBMについては?
和田 SBMは医学論文などで科学的に証明されている事実、あるいは患者さんが実際に行って有効だった治療法などの、一定の実証性があるサイエンスに基づいて積み上げられていく、今までにない治療体系です。オーソライズされたエビデンスに基づき純理論的に網をかぶせていく演繹的なEBMに対して、SBMは臨床の現場で得られた科学的事実、すなわちサイエンスに基づいて治療体系を構築していくという点で帰納的です。また、SBMは臨床的に得られた事実を基に仮説を立てて治療を行い、治療の結果を見ながらさらに新たな仮説を立てていく、という作業を繰り返すことで構築されていく治療体系であり、EBMとSBMとでは考え方のベクトルがまさに正反対なのです。
―つまり、和田先生が主張される「標準がん治療の大胆なパラダイムシフト」のキモとなるのが「EBMからSBMへの転換」である、ということですね。
和田 その通りです。本来なら、標準がん治療で治癒や寛解(注7)を得られない患者さんがいたら、この患者さんは治癒や寛解を得られないのに、別の患者さんはなぜ治癒や寛解を得られたのかと考え、謙虚な姿勢でその理由を調べるべきなのです。実は、基礎生物学に関する医学論文を渉猟すると、別の患者さんが治癒や寛解を得られた理由を数多く発見することができます。ところが、多くの医者たちはそれを確かめようとせず、成果の上がっていないEBMをなおも患者さんに勧めようとします。

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

  • 艶もたけなわ

    渡辺美里 ボーカリスト

    2018年7月 1日号

    阿木燿子の艶もたけなわ/208   かつて"夏ライブの女王"といえば、西武球場で20...

コラム