くらし・健康詳細

イチオシ
loading...

老化防止最前線 健康寿命は「歯と口」で決まる!

2017年6月18日号

 6月4~10日は、厚生労働省などが定めた「歯と口の健康週間」。歯や口の機能が衰えると、おいしく食べられないのはもちろんだが、老化を促進し、全身の健康状態にまで悪影響を及ぼすことが分かってきた。機能を保つには「どのように食べるか」が鍵になる。

「健康寿命を延ばすためには、よく噛(か)んで唾液をしっかり出して食べることです」
 そう話すのは、口のアンチエイジングの第一人者である、鶴見大歯学部の斎藤一郎教授だ。「噛むこと」は単に食べるためだけではなく、脳と体の若さを保つために重要であるという。
「噛めなくなると脳の老化スピードが速まるというデータがあり、認知症を発症しやすくなります。栄養素の吸収も悪くなりますね。全身のバランスが取りづらくなり、転倒やつまずきが起きやすくなるんです」(斎藤教授)
 しっかり噛むためには、1本でも多くの歯を残せるように口の健康を保つことが欠かせない。しかし、生活に支障がないと、ついケアを怠りがちだ。歯や口が衰えている危ないサインを知り、今日からできる良い習慣を取り入れよう。

 ◇噛む力が低下すると「老け顔」に!?

 噛む力の低下は、顔のしわやたるみとなって表れるという。表情を作る顔の筋力が衰えて両頬が下がる、いわゆる"老け顔"になると、噛む力も衰え始めているというから驚きだ。首のしわは、飲み込む力が低下しているサイン。
「噛むことも、飲み込むことも筋肉を使うんです。しわやたるみは筋力低下が一因」と斎藤教授。噛んで飲み込む行為には首すじや胸、背中にある12種類の筋肉が使われる。中でもこめかみ部分にある側頭筋と、あごと頬にある咬筋(こうきん)が噛む行為の中心だ。
 

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

  • 艶もたけなわ

    新藤晴一 ミュージシャン

    2017年9月17日号

    阿木燿子の艶もたけなわ 169   ロックバンド「ポルノグラフィティ」は1999年に...

コラム