くらし・健康詳細

News Navi
loading...

次世代アイフォン巡る署名騒動

2016年1月31日号
「アップルが次世代アイフォンからイヤホンジャック(出力端子)を廃止する」
 こんな噂(うわさ)が広がり、米国ではネット上で20万人以上が「ジャックをなくさないで」と、アップルへの嘆願書に署名する騒動が起きている。
 この噂、アップルは否定も肯定もしていないが、発信源はアップル系の情報を扱う日本のブログサイト「Macお宝鑑定団」。米メディアも「過去にアップル製品の正しい予測を行っていた」と相応の信頼を置いており、昨年11月に公表された廃止説が中国に広がり、米国で署名運動にフィードバックされた形だ。
 イヤホンジャックがなくなった場合、ユーザーは新たにブルートゥース規格などを使うワイヤレスイヤホンを購入する必要に迫られそう。このため、嘆願書には「有線イヤホンのゴミが大量に出る」「不必要な出費を強制する」など、イヤホンジャックの必要性を縷々(るる)訴える記述が目立つ。
 しかし技術面からは、内部構造が効率的になり、水没事故にも強くなる―など賛同の声も上がっている。アップルはデザイン、機能性などで革新的な変化を商品に与えてきただけに、イヤホンジャックを不要と考えるなら、それなりの意味があるのだろう。
 それにしても、噂だけでこれだけの署名が集まるという現象自体がアップル人気の底力を見せつけた感がある。署名は当初1万人分が目標だったが、1月6日時点で3000人だった署名が、わずか1週間で20万人超まで増えた、と米国でも大きなニュースとして取り上げられている。
 次世代アイフォンは今年後半にも発売予定で、既にデザインは完成しているはず。署名数にかかわらず、製品仕様が変更される可能性は薄いと言える。ただし、「『グリーンな企業』を自称するアップルが、電子製品の不要なゴミを増やすのは決してグリーンではない」という消費者の声には耳を傾けるべきかもしれない。
(土方細秩子)

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

  • 艶もたけなわ

    橋本マナミ 女優

    2017年6月18日号

    阿木燿子の艶もたけなわ 157   かつて、"愛人にしたい女性ナンバーワン"のキャッ...

コラム