国際詳細

News Navi
loading...

義姉キャサリン妃との確執も? メーガン妃「検索第1位」の理由

2019年1月20日号

 昨年、グーグル検索「人物部門」で最上位に輝いたのは「メーガン妃」だった。英国王室のヘンリー王子と結婚した時は離婚歴やアフリカ系の血脈を含めて"型破りなプリンセス"と大いに盛り上がった。その後もファッション、父親や家族との確執など話題を提供し続けている。今年春には母親になることもあり、当分は"メーガン・フィーバー"は続きそうだ。
 しかしその反動も見られるようになった。これまでは好意的に受け止められてきた、伝統にとらわれない服装や言動に「プリンセスらしくない」との批判が増えているのだ。
 そればかりか、兄のウィリアム王子の妻であるキャサリン妃との確執が報道されるようになり、それが原因で2人の王子の間にも亀裂が生じているという。こうした噂(うわさ)は、ヘンリー王子夫妻がウィリアム王子夫妻も居住するケンジントン宮殿からウィンザー城に引っ越すことが根拠とみられる。英王室は「家族が増えることでより広い住宅が必要となったため」と不仲の噂を否定している。
 ただし、英国の中流階級の家庭に育ち、20代からウィリアム王子と過ごしてきたキャサリン妃と、離婚経験がある元女優のメーガン妃とでは考え方にさまざまな違いがあり、未来の王妃であるキャサリン妃が「出過ぎる義妹」に含むところがある、とされることは多少の説得力はある。
 メーガン妃の実父トーマスさんが第1子の誕生後に「孫に会わせろ」と騒ぎ出すことも想定される。昨年末にはエリザベス女王に「娘との仲を取り持ってほしい」とラジオで訴えたトーマスさんに、メーガン妃周辺は警戒を強めているという。
 第1子誕生後には、初の米国訪問も考えているというヘンリー王子夫妻。トーマスさんという懸念材料もあり、何かと話題に事欠かない存在といえそうだ。
(土方細秩子)

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

  • 艶もたけなわ

    十朱幸代 女優

    2019年1月20日号

    阿木燿子の艶もたけなわ/235   15歳で女優デビューをして以来、テレビドラマ、映...

コラム