国際詳細

News Navi
loading...

トランプ大統領が批判始めた? ウィキリークスとの蜜月に暗雲

2017年4月 2日号

「ウィキリークス、トランプ政権入りか」。こんな驚きの見出しを掲げたのは、米のウェブニュースサイト『ビジネス・インサイダー』(3月11日付)だった。
 昨年の大統領選を巡っては、内部告発サイト「ウィキリークス」が民主党本部の内部文書を公表してヒラリー・クリントン氏に不利な流れを作ったとされる。その際、ドナルド・トランプ候補(当時)が「私はウィキリークスが大好きだ」と発言したことで「トランプ寄り」、ひいては「ロシアの情報操作の片棒担ぎ」とも言われてきた。
 さらにウィキリークスは今年3月7日、不正侵入(ハッキング)の実態などを記した、米中央情報局(CIA)の内部資料とされる文書を暴露した。国家の安全保障の観点から「エドワード・スノーデンが漏らした情報よりも重大」とされるが、これについてトランプ大統領がウィキリークス批判を口にしなかったことも、疑念を増幅させた。
 奇妙なことに、トランプ大統領はこれに先立つ同4日、「オバマ政権が昨年の選挙中にトランプタワーに盗聴器を仕掛けていた」と突如ツイートしている。米連邦捜査局(FBI)やCIA長官は否定しているが、その後にウィキリークスが文書を公表するなど、タイミングが絶妙だった。
 もっとも、この蜜月関係も早晩、破綻するかもしれない。ウィキリークスの創設者であるジュリアン・アサンジ容疑者が、トランプ氏が開示を拒否している自身の納税申告書について「手に入ればリークする」と発言した点が注目されているからだ。
 先述の"CIA文書"については国家安全保障の脅威となると批判され、トランプ大統領もさすがに「非常に憂慮している」とウィキリークス批判とも取れる発言をしたことも影響しそうだ。
 だが、両者の応酬が「出来レース」にすぎない、との疑惑が消えたわけではない。次に暴露される情報により、事の真偽がはっきりするかもしれない。
(土方細秩子)


 当時、ナンバー2だった張氏と金正男氏は近い関係にあった。自らの権

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

  • 艶もたけなわ

    黒田福美 女優・エッセイスト

    2017年11月19日号

    阿木燿子の艶もたけなわ 178   芸能界きっての韓国通として知られる女優の黒田福美...

コラム