国際詳細

News Navi
loading...

米の北朝鮮制裁法に違反の疑い ロジャーズ氏が刑事告発される

2016年11月13日号

9月18日、世界的に著名な米国人投資家ジム・ロジャーズ氏が米財務省外国資産管理室に刑事告発された。
 告発したのは、北朝鮮工作員や国際ビジネスの動きを追う「アジア調査機構」代表の加藤健氏。これまでも北朝鮮の武器密輸会社やマネーロンダリング(資金洗浄)に絡む人物を各国政府に告発し、2014年にはオーストラリア議会で取り上げられたことがあるという。加藤氏が告発理由をこう説明する。
「ロジャーズ氏は香港の宝飾関連会社『ユナフォルテ』に今年2月、15万株分の直接投資をしている疑いがあり、米国の北朝鮮制裁法に従って告発した。ユナ社は北朝鮮の羅先(ラソン)経済特区で宝石工場を運営し、近くの金鉱山にも多額の投資をしている。北朝鮮当局との取引がなければ投資は不可能でしょう」
 ユナ社については米国の北朝鮮専門の米国NKニュースが先んじて報じていた。それによると、ユナ社は、羅先での活動のほか、中央銀行など北朝鮮当局から種々の書類や証明証、許可証を得て、自らのウェブサイトで公表していた。ロジャーズ氏のユナ社への投資は居住するシンガポールの住所とともに、香港の公的文書で確認されたという。
「ロジャーズ氏は以前から北朝鮮への投資は有望と広く発言していたので、実は3年前に警告のメールを送った。すぐに本人から届いた返信には『法律は知っている。違反するつもりはない』とあり、しかし『北朝鮮は極めて前向きに変化しており、35年前の中国、25年前の旧ソ連などと同じだ。南北は数年以内に統合する』とあった。だが、彼の語録によれば『知らないことに投資するな』とある。本当に同社の北朝鮮との関わりを知らなかったのでしょうか」
 ウォール街の伝説的な投資家を巡る「北朝鮮コネクション」疑惑の真偽は解明されるのか。
(田口嘉孝)

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

  • 艶もたけなわ

    黒田福美 女優・エッセイスト

    2017年11月19日号

    阿木燿子の艶もたけなわ 178   芸能界きっての韓国通として知られる女優の黒田福美...

コラム