国際詳細

イチオシ
loading...

「日米同盟の正体を暴く」/1 驚愕スクープ!! 監視社会の恐怖 元NSA契約職員・スノーデン独占インタビュー

2016年6月12日号

 2013年、元NSA契約職員のエドワード・スノーデン氏(32)は米国の世界同時監視システムを告発し、そのニュースに世界は震撼した。その後スノーデン氏はロシアに亡命したが、今回日本人ジャーナリストによるインタビューが初めて実現。横田基地で行っていた工作活動について、秘密保護法と米国の危険な関係について、米国の「無差別監視」の実態について、驚愕の事実をすべて語った。

 インターネット、Eメール、電話を使った全世界のコミュニケーションを米国政府が監視している―2013年6月、米国家安全保障局(NSA)が極秘裏に張り巡らした膨大な監視・盗聴システムのニュースに世界は震撼(しんかん)した。「テロ防止」の名のもとに、一般の人々の公的、私的な通信が大量収集されていることを告発したのは、NSAの元契約職員エドワード・ジョセフ・スノーデン、当時29歳。米国のメディアは自国民が監視の対象になっていたことに驚愕(きようがく)し、メルケル首相が盗聴されていたドイツや、ルセフ大統領がスパイされていたブラジルでは強い反発が巻き起こった。だが、省庁が大規模に盗聴されていた日本では、スノーデンがかつて日本で暮らしていたことも、日本人がNSAの監視網のただ中にあることも、ほとんど報じられてこなかった。ロシアに亡命中の彼が、5月、初めて日本人ジャーナリストのインタビューに応じた。日本の政治を知り、近年の急速な軍事化を憂い、日本政府が米国の監視網から情報をもらうため、特定秘密保護法と盗聴捜査を拡大しようとしている現状に警鐘を鳴らす、彼の発言を伝える。

 ◇スノーデンは日本にいた!

「日本には2009年ごろに来て、(東京都)福生(ふつさ)市で暮らしました。(米空軍)横田基地に勤務していましたが、僕は軍人ではなかったので基地の外に住みました。自分で部屋を借りるために不動産屋へ行き、『敷金・礼金』という不思議なものも払いましたよ(笑)。駅が近くて旅行にも便利で、気に入っていました。日本にいた2年間は、僕の人生のなかでも最良の時期に入ります」
 インターネットを通して、画面に映し出されたスノーデンは、穏やかに日本での生活を語り始めた。インタビューの場所は、筆者が暮らすカナダ・オンタリオ州キングストン市にある大学の会議室。といっても、スノーデン本人はモスクワから、ウェブカメラを通して質問に答えている。筆者は昨年末から、米国にいる彼の弁護士ベン・ワイズナーを通じてインタビューの交渉を続け、5月ついに実現することができた。
 黒いシャツに黒いジャケット姿のスノーデンは、今から3年前、超弩級(ちようどきゆう)の秘密の暴露を成し遂げた、若者の面影そのままだった。

 

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

コラム