コラム詳細

それってどうよ
loading...

五月雨も 私はたのし 自粛明け=池野佐知子

2020年6月28日号

OL400人は考える・それってどうよ!?/651 

 本格的な梅雨のシーズンが始まりました。「梅雨は苦手」というOLは88%。とはいえ、いや、だからこそ、梅雨を楽しみたいものです。今週は「こうすれば梅雨時も楽しい2020」を聞いてみました。

   ◇   ◇   ◇

「傘、コート、長靴など、梅雨時のオシャレアイテムを充実させたいと思っています。今年は自粛でほとんど洋服を買わなかったから、ファッション予算、余っています」(商社・26歳)

「子どもの頃からの習慣なのですが、雨の日は雨の音を聴く。それが本当に気持ちいいんです。私は6月いっぱいテレワークなので、今年はたくさん雨の音が聴けると思うと楽しみです。あったかいミルクティーを入れて、窓際を陣取って、目を閉じて雨音を聴く、癒やしの時間です」(ゲーム・25歳)

「『雨が降る日は近所を散歩して、植物や虫を見ると楽しいですよ』と後輩ちゃんが教えてくれて、今年はそれ、採用しようと思っています。後輩ちゃん曰(いわ)く『雨ではずむあじさいとか、ブロック塀に張り付くかたつむりとか、慌てて跳ねる小さなカエルとか、雨に耐えるつゆ草とか』。こんな表現されたら、眺めずにはいられません」(アパレル・27歳)

「雨が降ったら、近所の図書館に行って好きな本をその日の気分で選んで、読書したいです。うちの近くの図書館は借景が森で、ちょっとジメッとしていて、読書や物思いにふけるには最高の場所。密じゃないといいなぁ」(コンピューター・25歳)

「去年の冬のボーナスで車を買いました。今年の梅雨は大雨の中、ドライブしたい! 雨の景色を満喫したいです」(商社・31歳)

「他の季節より長いバスタイムでリラックス。バスグッズも充実させて、好きな香りのバスソルトも用意して、土日なら昼間っからお風呂三昧。雨降りの日は外に出たくないし、身も心もリフレッシュしたいです」(IT・25歳)

「自粛中にオンラインで油絵の勉強を始めました。梅雨もレッスンを続けて、どうにか油絵を形にしたい。油絵の具と雨、なんだか合う気がします」(ラジオ・27歳)

「刺繡(ししゅう)の一種、クロスステッチを自粛中から始めて、ハマっています。そんな私に雨は嬉(うれ)しい。雨の日のほうが、手作業には集中できます」(ゼネコン・29歳)

「雨の様子を撮影したいです。コロナ自粛の影響で空気がキレイになっていると噂(うわさ)されていますが、だとしたら、雨の景色もいつもの年よりもキレイかなぁと思って。雨はフォトジェニックですよね」(都市銀行・25歳)

「友達に梅雨時に写経はいいよ、集中できる、と教えてもらって、通販で写経セットを買いました。まだコロナが気になって週末外出する気にならないから、じっくり写経しようと思います。精神鍛錬の一環です」(飲料水・24歳)

「梅雨の楽しみといえば、昼寝。週末なんの予定もないときは朝10時くらいまで寝ているので、13時くらいからお昼寝するというパターンです」(IT・28歳)

   ◇   ◇   ◇

 今年の梅雨はいつもと気分的に違う気がしますね。

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

コラム