コラム詳細

青い空白い雲
loading...

第三次大戦の前夜?東京オリンピックどころではないぞ!

2020年2月 2日号

牧太郎の青い空白い雲/752 

 不動産仲介のプロが言うには「東京五輪の時、東京の人間は動けなくなる」らしい。

「東京の人口はザッと1400万人。五輪期間中、やって来る外国人が約1000万人、地方の人も東京に向かうから、東京の人口は3000万人以上になる。交通はマヒして、多くのサラリーマンは出勤できなくなる」

 なるほど。で、外国人客の宿泊は大丈夫なのか?

「私の担当の神田、秋葉原、浅草橋辺りでも、民泊が急増していますが、普通一泊4000円が開催時4万円。それでも満杯ですよ」

 泊まれなくなれば外国人客は野宿する。治安が不安だが、日本中が「職場に行かず、お祭り騒ぎ」。たまにはいいだろう。

    ×  ×  ×

 でも「五輪どころではない!」という声も聞かれる。トランプの命令で、イランの事実上ナンバー2の司令官が爆殺されて以来、ネットでは「第三次大戦」という言葉が飛び交っている。大戦前夜なのか? 東京五輪は大丈夫なのか?

 今から80年前、日本人は「幻の東京五輪」を経験している。東京市長・永田秀次郎氏が音頭を取り「皇紀二千六百年」の記念事業として、大々的に招致活動を展開した。1936年のIOC総会で、柔道の嘉納治五郎氏が熱烈招致演説。アジア初の「1940年東京開催」が決定した。

 ところが、その翌年、日中戦争が勃発し、国内外で開催反対の意見が出て38年7月の閣議で開催権を返上した。当時、日本は軍国主義化一直線。五輪の平和的な理念と「皇紀二千六百年」という国家主義とは元々、矛盾していた。

「2020年」も80年前の「幻の五輪」とよく似ている。例えば「震災との関係」である。今回は東日本大震災からの復興がテーマの一つだが、「幻の五輪」もその17年前の「関東大震災」からの復興をアピールするためだった。

 関東大震災の2年後の1925年に治安維持法が制定され、急速に軍国主義化する。今回も、東日本大震災の2年後に〝現代の治安維持法〟と呼ばれる特定秘密保護法が成立。さらに集団的自衛権行使を容認し「戦争のできる国づくり」が着々と進められている。安倍政権が目指す五輪は前回同様、「国家主義化のシンボル」なのだ。

    ×  ×  ×

 そんな中で起こった〈イランとアメリカの報復連鎖〉。ひょっとすると、第三次大戦で五輪中止!なんてことが起こるかも。

 人間は「平和を求める心」と「戦争を求める隠れた欲望」を併せ持つ不思議な動物だ。何が起こっても、おかしくない!

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

  • 艶もたけなわ

    北尾トロ フリーライター

    2020年2月 2日号

    阿木燿子の艶もたけなわ/286   裁判傍聴や〝町中華〟など、今や定番化したジャン...

コラム