コラム詳細

青い空白い雲
loading...

「嫌韓論」の美容整形・高須克弥院長は威勢がいいが?

2019年9月22日号

牧太郎の青い空白い雲/734 

 このところ、テレビの情報番組は「韓国バッシング一色」である。

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領の最側近、曹国(チョ・グク)さん(次期法相候補)に数々の不正疑惑が浮上すると、連日連夜、詳しく伝える。「一皮むいてもスキャンダルが次々に出る"タマネギ男"という名前がついています」とコメンテーターがもっともらしく解説する。

「文政権は今や四面楚歌(そか)。支持率も5割を切った」

 ざまあ見ろ!と言わんばかりである。情報番組にケチを付けるわけではないが「安倍政権の不正の数々」を、このくらい、熱心に取り組みましたか?と聞きたくなる(笑)。

    ×  ×  ×

 メディアが「感情的な嫌韓論」に悪ノリするのは今に始まったわけでもないが、気になるのは、ごく普通の「平和・人権論」を抹殺する"動き"である。

 例えば、タレント・石田純一さんがニュースサイト「デイリー新潮」のコラムで「感情的な嫌韓論」に警鐘を鳴らした。「1965年当時の韓国は、朴正熙(パク・チョンヒ)大統領による軍事政権下で民意が抑えられていた。だから、韓国人の国民感情としては、その時代に解決済みだといわれてもなかなか納得できない。そして強制労働や、劣悪な環境の労働に対する反省や謝罪は、やはりなかった」と書いた。

 石田さんのコラムは「正論」だと思う。

 ところが(安倍応援団と言うか、ネトウヨと言うか)「嫌韓論」の面々から、石田さんは総攻撃を受ける。高須クリニック院長の高須克弥さんは石田さんの意見に対して〈朝鮮半島の国はもともと中国王朝の冊封国です。DNAが目覚めたのです。理を説いても無駄だと思います。DNAには勝てません〉などとツイートした。

「そういうDNAの国だから理を説いても無駄」という言い分。医療従事者とは思えない「差別的発言」と思うが、一部のネットでは「高須流」が支持され、石田さんの方が炎上した。

 高須さんは威勢がいい。靖国神社で行われた「終戦記念日の集会」で「日本が攻められたら喜んで(戦いに)いきます」「この英霊のみなさまの仲間に入れていただいて、永遠に神として、祀(まつ)られたい」「戦うのは老人。老人が減ってくれれば日本の財政がよくなるし」などと演説して、喝采を浴びていた。

 世の中「冷静」より、威勢のいい「過激」が受ける。

 それでも、安保法制反対デモに参加して、テレビ番組から干された経験を持つ石田さんは今回も覚悟している。両者とも「信念」を持っているのだろう。

    ×  ×  ×

「偉そうに言うが、お前はどうなんだ?」と言われそうなので、争いのキッカケになった「元徴用工判決」について、僕の意見を書いておきたい。確かに、日韓請求権協定では国家間の外交保護権は放棄された。しかし「個人の請求権」は微妙である。1991年の国会答弁で、当時の外務省条約局長は"個人の請求権は消滅していない"と明言している。で、あれば、国家間の「約束」があっても、何らかの「被害者の普遍的な人権」を尊重する「措置」が必要ではないか?

 日韓両政権が一歩も譲らないのは、この問題を利用して、ナショナリズムを煽(あお)り立てているからだ。

    ×  ×  ×

 指導者が信奉する「ナショナリズム」とは何か? 親族、部族、階級、群衆などの統一、独立、発展を推し進めるイデオロギー。そのために「戦う運動」である。

 安倍首相は2014年、第二次大戦のA級戦犯として処刑された元日本軍人の追悼法要に自民党総裁名で哀悼メッセージを送った。連合国による裁判を「報復的」と位置づけ、処刑された全員を「昭和殉難者」として慰霊する法要で、安倍首相は戦犯たちを「自らの魂を賭して祖国の礎となられた」と称賛した。

 これがナショナリズムである。「戦いが美徳!」なのだ。

 残念ながら、歴史を学ばない人々は「戦争」が好きだ。争い好きな「愚かな人々」を味方にすれば、政権は維持、発展できる!と安倍さんも、文在寅大統領も信じて疑わない。はっきり言えば、世論調査で支持率を上げるために「喧嘩(けんか)」しているのだ。

 最後になるが、 僕は某夕刊紙に連載されている高須さんのコラムのファンである。見方が鋭い。でも、今回だけは「美容整形業界の大御所の愛国心」がインチキ国家主義に利用されているのではないか?

 そう心配する「高須ファン」は僕だけだろうか?

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

コラム