コラム詳細

それってどうよ
loading...

ピンポイントでゴージャス

2019年7月14日号

OL400人は考える・それってどうよ!?/604 =池野佐知子

 今年も夏のボーナスシーズンがやってまいりました。とはいえ、「無駄遣いはしない」OLは57%。過半数となっています。堅実な印象の強いOLの皆さんですが、普段は財布のひもが固くても、コレだけには緩んでしまう、そんなモノ・コトを聞いてみました。
   ◇   ◇   ◇
「観劇が趣味。芝居だけでなく、バレエやらオペラやらに目がないわたくし。ランチは50円高いだけで迷うのに、芝居系にはドッカーンとお金を使ってしまいます。先日も1万8000円のオペラに。あまり良い席ではなかったので、3万円超えの席を取りたくて仕方ありませんでした(笑)」(自動車・27歳)
「エステ。1回につき2時間で2万円弱が飛んでいきます。それでも、全身を丁寧にほぐしてもらえる間は夢の時間。『エステ代を積立貯金にしたらどれだけたまっていただろう』と、しても仕方ない計算をすることもあるのですが、疲れがたまるとやっぱり予約をしてしまいます」(広告・28歳)
「私のお財布のひもが緩みまくってしまうのはお化粧品。コスメフェチなのです。新たな高機能製品が出ると高くても黙っていられない! 購入した中で最高に高いクリームで6万円です(アホか)」(コンピューター・26歳)
「私はホテルかなぁ。ふらりと一人で都内のホテルに泊まるのが趣味で、3カ月空くと、ザワザワします。高級なトコに泊まらないと意味がないので、出費平均は5万円。洋服はいつもネットで安いものしか買わないのに、なぜかホテル代だけは大盤振る舞いです」(商社・30歳)
「ワインです。会社の先輩からいろいろ教えてもらったのが始まりなのですが、気づけばどっぷりはまっていて、フランスのボルドーにもブルゴーニュにも行きました。去年はアメリカ・ナパバレーに。行くたびに10万円超のワイン代。それがまったく惜しくない。自分でも不思議です」(ゼネコン・26歳)
「遅ればせながら『コップのフチ子さん』(フィギュア)にはまったときは、お金に糸目はつけませんでした。ネットでチェックしまくり、買いまくり、プレミアム商品は少々高くても購入。一番高くて6シリーズで6800円。今も新しいシリーズが出るとすぐにポチッてしまいます」(商社・24歳)
「スニーカーです。50足近くはあるかも。好きなブランドがあるというよりは、いいなと思ったら買っちゃう感じで。プレミアついているもので8万円台のものが3足ほど。一生分あるのに、スニーカーに関してはまだまだ欲しい。少々病的?」(生命保険・25歳)
「ついつい買ってしまうのが高級チョコレート。1個500円くらいするものが多いのですが、やめられません。月1万円は買っている気がします」(アパレル・27歳)
「ネイルサロンには惜しみなくお金を使っています。平均月2万~3万円はかかっているかも。指先がキレイだとテンションが上がります」(IT・26歳)
   ◇   ◇    ◇
「財布のひもが緩くなってしまうモノ・コトがある」OLは72%。なかなかの数字でした。

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

  • 艶もたけなわ

    黒川伊保子 人工知能研究者

    2019年7月21日号

    阿木燿子の艶もたけなわ/260   ベストセラー『妻のトリセツ』の著者、黒川伊保子さ...

コラム