コラム詳細

それってどうよ
loading...

「紅白」を語ると「その家」が分かる

2018年12月 9日号

OL400人は考える・それってどうよ!?/575 =池野佐知子

 気がつけば今年のカレンダーも残りが少なくなってきました。毎年この時期、話題に上るのがNHKの紅白歌合戦。視聴率が落ちていると言われても、知らない歌手ばかりが出ると言われても、やはり気になる歌の祭典です。
   ◇   ◇   ◇
「総合司会のウッチャン。すごくイイ選択だと思います。バランス感覚のいい人ですよね~」(人材派遣・32歳)
「なんかジャニーズに牛耳られてる感じがしてしまうのは私だけ? でもまぁ、カワイイ男の子は好きだからいいんですけれど」(コンピューター・28歳)
「紅白は唯一、家族がそろってワイのワイの見る番組(ワールドカップなどスポーツの国際試合以外で)。何しろわが家は3姉妹2兄弟と子どもが5人、父母に母方の祖父母と9人家族。犬2匹も入れたら相当数! 全員集合で大みそかを送れるのは素敵(すてき)だな、と大人になって思います。それも紅白歌合戦のおかげですね」(商社・25歳)
「毎年、紅白の話題がメディアを騒がせていますが、正直、生まれてから一度も見たことがない私。子どもの頃は年末年始、家族でハワイに行っていたし、社会人になってからは友達や彼と二年参り中で。面白いんですかね? 面白いんでしょうね」(商社・27歳)
「出場者も楽しみなんですが、審査員も楽しみ。『チコちゃんに叱られる』のチコちゃんに審査員席に座ってほしい」(商社・24歳)
「歌好きの社員が複数おりまして、毎年、紅白出場歌手発表と同時に『プレ紅白』と称して、カラオケで選ばれた全曲歌ってくれます。それが意外と楽しい! それで満足して本番を見逃してしまうことも(笑)」(IT・27歳)
「シングル、彼(彼女)ナシ、実家戻らずのメンバーで大みそかに紅白を見るのが幸せ♪ 今年を振り返りつつ、歌手の衣装や歌唱力をディスってストレス解消。『日本の年末だね~』と乾杯します」(飲料水・26歳)
「ずっと裏番組のほうが魅力的でしたが、今年はアメリカの連ドラを一気見するかも。そんな大みそかも平成最後にいいかなぁと」(アパレル・25歳)
「紅白見ると、接待カラオケのネタになるし、持ち歌も増えるから録画しています。番組が長いからオンタイムで見るのは無理」(機械メーカー・28歳)
「アンダー30歳向けの紅白とかあれば絶対見るのに。出場者の半分くらいが分からない(汗)」(物流・23歳)
「わが家の年末行事は、家族で紅白歌合戦を見て、点数を付けること。1組目は『赤』、2組目は『白』みたいな感じで。子どもの頃はそれが本当に楽しくて、大みそかが大好きでした。今はそこまで興奮しませんが、親孝行のための年中行事。そう考えると紅白歌合戦はありがたい」(家電・26歳)
「子どものときは途中で眠くなるし、学生のときは興味がないし、社会人になってからは斜め見。結婚したら最初から最後まで見てみたいです」(損害保険・28歳)
 

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

  • 艶もたけなわ

    沖仁 フラメンコギタリスト

    2018年12月 9日号

    阿木燿子の艶もたけなわ/230   8年前、フラメンコギターの本場、スペインで日本人...

コラム