コラム詳細

青い空白い雲
loading...

「道義」が地に堕ちたニッポン!嘘つきは殺人の始まり

2018年7月29日号

牧太郎の青い空白い雲/678 

 また「殺人狂時代」を象徴する事件が起こった。
 2016年9月、横浜市神奈川区の病院で入院患者2人が相次いで中毒死した事件は、看護師だったオンナが点滴に消毒液「ヂアミトール」を混入させていた。「20人ぐらいやった」と供述しているという。4階病棟は「呪われている」と噂され、当時、約2カ月の間に48人の患者が亡くなっていた。
 半分冗談だが、この種の老人病院は「一度入院すれば、生きて帰れない」と言われる。そんな中で、起こった前代未聞の大量殺人。オンナの動機は分からない。入院患者を一人殺すと「快感」のようなものを得て忘れられないのだろうか。いずれにせよ、無差別殺人である。
 このオンナの周辺には「年寄りは適当な時期に死んだほうが良い」という雰囲気が漂っていたという。長期入院になると、保険点数の関係で「儲(もう)け」が少なくなる。適当な時期に死んでもらったほうが経営的に有利!と考える向きが存在する、とも。
 もしも「点滴に消毒液」を見て見ぬフリをした人物がいたとすれば......。まさに殺人狂病院ではあるまいか?
 恐ろしい時代になった。
    ×  ×  ×
 世の中がおかしくなったのは、日本人が平気で「嘘(うそ)をつく」ようになったからだ。元看護師のオンナも、報道陣に「犯人は自首すべきだ」なんて嘘をついていた。
 なぜ、日本人はだれかれ関係なく、嘘をつくようになったのか?
 それは、人生、「嘘」をついた方が得!と気づいたからである。
 森友・加計(かけ)騒動。安倍首相は朝起きたら嘘、閣議で嘘、記者会見で嘘、ベッドに入っても嘘......である。嘘が多すぎて、国民は不感症になる。その結果、彼に寛容だ。ひょっとすると、安倍さんの「総裁3選」までありそうな気配だ。
 そうなれば、彼の周辺が真似(まね)をする。官僚はこぞって嘘をつく。安倍さんのために嘘をつけば出世できる。嘘が発覚しても処分は軽い。嘘はすべからく「有利」だ。
 日本人は「嘘」をついて、儲けよう!と思うようになった。昔の日本人は子供に〈嘘つきは泥棒の始まり〉と教えた。が、その教訓自体が時代遅れになった。現実は〈嘘つきは出世の始まり〉〈嘘つきは金満家の始まり〉なのだ。
    ×  ×  ×
 世界平和や核兵器禁止を訴える有識者でつくる「世界平和アピール七人委員会」が6月、痛烈な声明文を発表した。
「5年半にわたる安倍政権下で、日本人の道義は地に堕ちた。私たちは、国内においては国民・国会をあざむいて国政を私物化し、外交においては世界とアジアの緊張緩和になおも背を向けている安倍政権を、これ以上許容できない」
 日本人の道義? すっかり忘れていた「言葉」を思い出した。道義とは「人のふみ行うべき正しい道」。嘘をつかない!という「道理」である。
「田邊元」という哲学者をご存じだろうか? 西田幾多郎とともに京都学派を代表する人物で、戦前「若者は国のために死ね!」と教えた。彼は1939年5~6月に京大生を対象に行われた講義で「死を自ら引き受けることによって死を超越せよ」、つまり「国のために死ね」と説いた。その速記録の本が翌年ベストセラーになった。
 日中戦争が泥沼化、対米英開戦へ向かう頃だった。若者は田邊の講義録を読んで興奮した。やがて学徒出陣。死地に赴くことになる。
「国のために死ね」は、「哲学者の大嘘」だった。日本の若きエリートは「田邊の大嘘」に乗せられ、犠牲者になった。
 戦後、田邊は苦悶(くもん)する。「アメリカ兵や敗戦後の日本人の退廃を見るのが耐えられない」と思い「帝国大学教授として日本を悲運に導いた応分の責任を感じ、この責任を感じれば感ずるほど、畳の上で楽な往生を遂げる資格はない」と考えたからといわれる。1946年、彼は『懺悔道としての哲学』を発表した。この中で、彼は親鸞の「悪人正機説」を引用している。
 親鸞は「いい加減な善人より、悔い改めた悪人のほうが救済される」と説いた。悪いことをしたらそれを隠すのではなく、自分のやったことを悔い、反省すれば良い。田邊は「親鸞の教え」に逃げ込んだとも思えるが、ともかく「嘘」を認め、謝罪した。
 いつの時代も、指導者の嘘が民衆を不幸にする。
「我々の嘘は許される!」と勘違いする「安倍晋三と御一行様」。今、憲法を変え、若者を戦地に送ろうとしている。彼らは嘘をついてでも「戦争ができる国」を作ろう!としている。
 今や、〈嘘つきは大量殺人の始まり〉なのだ。

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

  • 艶もたけなわ

    毎熊克哉 俳優

    2019年5月19日号

    阿木燿子の艶もたけなわ/251   映画「ケンとカズ」で新人賞を相次いで受賞。裏社会...

コラム