コラム詳細

それってどうよ
loading...

ハラハラしてませんか?

2018年6月 3日号

OL400人は考える・それってどうよ!?/549 =池野佐知子

 日本中、いや世界中でしょうか、そろって「セクハラ」「パワハラ」の旗が振られているムードですが(否定しているのではなく、むしろ賛成です)、OLさんの会社ではどうでしょうか? 読者の中には「自分の行為はアウトかセーフか」で揺れる方もいらっしゃるかもしれません。ご参考に。
   ◇   ◇   ◇
「早い時期から『対策委員会』みたいなものができて、匿名で相談できるサイトが開かれています。私は利用したことがありませんが、ある人が突如部内から消えて(知っているだけで3人)、『もしかして?』ということがあります。つまり、それほど秘密裏に扱われている(飛ばされている)ということ。弊社、なかなかやりますよね」(コンピューター・27歳)
「セクハラはあいさつ、パワハラは洗礼、と言われている弊社。取り締まったら男性ばかりか女性の一部までお縄ではないか、と言われる中、昨年から『セクハラ・パワハラに対するセミナー』が始まり、役職者は参加マストです。受けたからといって目に見えて変わることもなく、唯一変わったとしたら、セクハラ・パワハラ発言の後に『お~っと、この発言セクハラ?』とか『あ、しまった、これってパワハラ?』とか言うだけです。それだけ深刻じゃないとも言えます、かね?」(広告・26歳)
「セクハラについては、ルックス的なすべて、プライベートの恋愛の揶揄(やゆ)はもちろん、『褒めるを含めて語るのはNG』が、我が社のボーダー。当然ですが、触る、眺める、愛(め)でるすべてNG。『じゃあ、何話せばいいんだよ~』と言っている上司に、『仕事の話です』と若いコがビシッと言っていました(笑)」(アパレル・29歳)
「『セクハラ・パワハラガイドブック』という小冊子が配られました。年齢・ルックス・恋愛についてなどはタブー。パワハラについても人格を否定するようなことはダメ、強制することはダメ、との表記。具体的には『今月中にノルマを実行できなければ、あとがないな』とか『お前、今まで何やってきたんだ』とかはNG。うちの部長はビビッて、『○○さん、ノルマがなかなか達成できないことについては、どのようにお考えでしょうか?』とか聞き始めて、かえってコワイ」(飲料水・27歳)
「2カ月に1度、課長職以上対象に『セクハラ・パワハラ講習会』が開かれていますが、うちの課長いわく『学歴差別、ルックス差別、家柄差別、年齢差別、恋愛志向差別はNG』と言われたとのこと。『恋愛志向差別ってなんだよ、ぽっちゃりしてるのが好きとかDカップ以上じゃなきゃイヤとかそういうことか?』と、それがセクハラです、課長。(本当はLGBTのこと)」(ゼネコン・27歳)
「セクハラ対策の一環として(というより酒癖?)、部長職以上が飲酒した場合はタクシー帰宅必須、が命令されました。酔っていると電車の中で何をしでかすか分からないということ、らしいです(失笑)」(コンサル・27歳)
   ◇   ◇   ◇
「セクハラ・パワハラについて上司の意識が変わってきたと感じる」OLは91%でした。

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

  • 艶もたけなわ

    三宅裕司 喜劇俳優

    2018年6月 3日号

    阿木燿子の艶もたけなわ/204  長年劇団を主宰し、舞台でのお笑いに情熱を注ぎ続けて...

コラム