コラム詳細

それってどうよ
loading...

オメデタと言うけれど...

2018年4月29日号

OL400人は考える・それってどうよ!?/545 =池野佐知子

 ある保育園で保育士さん同士が妊娠(=産休・育休)の順番を決めている、それにそむくと問題視されるということが話題になりました。このコーナーのOLさんも「結婚しても仕事は続けるが、妊娠したら仕事は辞める」と答えた人が71%。女性のキャリアにとって「結婚」は問題にならず、「妊娠・出産」が壁になる、というのが現代女性の常識のようです。
  ◇   ◇   ◇
「大好きな女性の先輩(管理職)と飲んだ時、先輩が酔っぱらって『私だって聞きたくないのよ』と部下の既婚女性に『妊娠の予定』を聞いていることがストレスになると教えてくれました。男性の上司たちは聞きづらいからと同性である先輩に聞かせるらしいんですが、先輩は独身(30代後半)。『結婚していないからそういうこと聞けるんですよ』と言われたり、『結婚したらどうするんですか? 妊娠計画を会社に報告しなきゃいけないなんておかしいです』と言われることもあるんですって。聞かれるほうも聞くほうもストレスです」(アパレル・29歳)
「うちの社は出産後もきちんと休んでいいんですが、ほとんどの人が子供が小さいうちに復帰します。理由は『保育所が隣接してあること』と『周りに迷惑をかけたくない』こと。みんな責任感が強いんです。確かに子育てをしている同僚の代わりに仕事をするのは大変だと思うこともあるけれど、でも、きちんと育児休暇満了する空気ができるほうがいいなと思います。これから結婚し産むであろう身としては」(生命保険・27歳)
「女性の妊娠はもちろん、最近は育児休暇を取りたいメンズもいて、我がチームは大混乱。何しろ、去年2人が妊娠、2人が妊娠させて(男性)、残ったのは私と新人2人と40代後半と60歳直前。このメンツで何しよ~っての~!と皆でさじを投げてます」(IT・26歳)
「『うちはセックスレスだから大丈夫~』と公言していた同僚が大プロジェクト目前に妊娠。ツワリがひどく、戦力にならなくなってきたのですが、本人は頑張りたいと言う。正直、みんなで困ったね~というムード。『妊娠を理由にプロジェクトを外されたら労組に訴える』と言い出して。難しいですよね、責任ある仕事をしている中での妊娠・出産は」(広告・26歳)
「結婚5年目の先輩が40歳を目前に猛烈な勢いで妊活をスタート。ところが、同じ部の20代中盤がデキ婚、『子供は欲しくない』と公言していた30代前半が妊娠。誰も先輩に諦めろとは言っていないのですが、同じセクションからはこれ以上妊婦を出すのはマズいような空気に。最近、質問すらしづらいほど先輩が荒れて、赤ちゃんや子供の話題は禁句になっています」(人材派遣・30歳)
「チーム内の1人が妊娠したら、その年はもう妊娠してはダメという暗黙の了解があります。結婚したら自然に妊娠したい私としては、今からドキドキしています」(IT・25歳)
  ◇   ◇   ◇
「なんとなく妊娠輪番制(妊娠の順番)があるように感じる」は22%。この数字多いと見るか、少ないと見るか、いかがでしょうか?

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

  • 艶もたけなわ

    田中麗奈 女優

    2018年5月20日号

    阿木燿子の艶もたけなわ/202   清涼飲料水のCMで初代イメージキャラクターを務め...

コラム