コラム詳細

それってどうよ
loading...

そだね~

2018年3月18日号

OL400人は考える・それってどうよ!?/539 =池野佐知子

 平昌(ピョンチャン)五輪の感動もそろそろ薄れてきた頃かもしれませんが、見どころがたくさんあった17日間でした。中でも注目は銅メダルに輝いたカーリング女子日本代表の"もぐもぐタイム(おやつタイム)"。OLさんたちのパワーの源はどんなものなのでしょうか。
   ◇   ◇   ◇
「うちの社、というか我がチームは毎日3時にもぐもぐしています。誰かがコーヒーを持ってきて、『じゃ、(息)抜きますか』とお土産でいただいたお菓子や持参したお菓子を分けっこ。特に盛り上がるのが手土産で、はやりのものがあると持ってきてくれた人を皆でリスペクトし、ありきたりのいわゆるフツーの手土産の場合は、持ってきた人を皆でディスる。そんな時間が大切なエナジータイムです」(IT・25歳)
「北海道北見出身のわたくし。カーリング娘同様にもぐもぐタイムの定番が『赤いサイロ』! ウソじゃなくて、母が定期的に送ってくれるゆえ、平均2週間に1回はモグっております。ふんわり優しいふるさとの味です」(化学・26歳)
「本当は甘いモノをたっぷりといただきたいのですが、そうもいかないお年ごろ&実体重。涙をのんで、ナッツをもぐもぐ。品質にこだわって、けっこうお高いものを食べているので、エンゲル係数上がっております」(自動車・26歳)
「子供の頃からそうだったのですが、もぐもぐタイムは第4の主食。優しい甘いものとかはムリ~。サンドイッチとかホットドッグとかアメリカンドッグとか肉まんとかたこ焼きとかが定番です。仕事のときは我慢しますが、休みの日は毎度そんな感じです」(コンピューター・24歳)
「会社では皆好き好きにもぐもぐタイムしています。私は10時ごろと3時ごろに部内ストック(手土産や差し入れ)の箱から何かを取り出してつまみ食い。自宅にいるときは、『甘いモノと辛いモノとフルーツ』セットが母から提供されるので、迷いなくそれを食べてます。甘いモノを食べたら辛いモノが食べたいし、辛いモノを食べたら甘いモノが食べたいし。だからそんなセットです」(通信・28歳)
「私のもぐもぐタイムの定番はドライフルーツ。ドライフルーツは体にいいし、美容にも効果的。もう半年以上続けていますが、美容効果はあまり感じられず、体重増加だけ実感。でも、おいしいのでやめられません」(人材派遣・25歳)
「今はさすがに違いますが、子供~高校生のオヤツはお餅でした。安倍川、きな粉、あんころ、たまに揚げ餅。米の郷(さと)・新潟だからでしょうか。東京に出てきて、ハイカラなオヤツがいっぱいあるので目を見張ったこと、今でも覚えています」(飲料水・27歳)
「最近のもぐもぐタイムは1粒3ケタ値段のスペシャルチョコを1粒とブラックコーヒー。先輩でそうしている女性がいて、まねっこしたら、夕方まで乗り切れることを知りました。いろいろなブランドチョコをお試し中です」(コンサル・26歳)
   ◇   ◇   ◇
「会社でもぐもぐタイム(おやつタイム)がある」OLは7%。「オヤツは甘党」は72%でした。

政治・社会

くらし・健康

国際

スポーツ・芸能

対談

  • 艶もたけなわ

    田中麗奈 女優

    2018年5月20日号

    阿木燿子の艶もたけなわ/202   清涼飲料水のCMで初代イメージキャラクターを務め...

コラム